名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2022.06.16

コンセント付きで快適性アップ!女性社員が喜ぶオフィス・事務所の化粧室作りのポイント


オフィスや事務所で仕事をこなしながら、誰もが毎日使用しているのが化粧室です。オフィスや事務所の化粧室が使いやすいかどうか、あまり深く考えていない方も多いのではないでしょうか。しかし、トイレに関しては、男性には男性ならではの快適さがあり、女性には女性ならではの改善してほしい点などがあるものです。オフィスや事務所の化粧室を見直す際には、どのようなことに気を配れば良いのでしょうか。今回は、清潔感、快適性、利便性の視点から化粧室づくりのポイントを解説します。

オフィス・事務所の化粧室は清潔感だけでなく快適性も大切

オフィスや事務所を借りる際に、化粧室もしっかりチェックしておくことが大切です。1日中働くオフィスや事務所で、トイレを一度も利用しないという人はほとんどいません。ここでは、快適に働くために、オフィスや事務所のトイレ・化粧室でチェックしておきたいことをご紹介します。

掃除がしやすい素材

不特定多数の人が使うオフィスや事務所のトイレでは、清潔感を保つことができるような作りになっているものを選ぶことも大切です。まず、壁紙や床などの内装は汚れを落としやすいシームレスタイプがベストであり、尺長タイプや大判タイプで継ぎ目や目地が少ない内装材の方が掃除をしやすくなります。また、撥水加工がされていて汚れがしみ込まない素材が使われていると、シミや臭いを防ぐことが可能です。

シンプルな構造

トイレの臭いは、ホコリが原因になっていることもあります。便器の構造やトイレの室内に置かれた小物などにほこりがたまりにくいように、隙間の少ないレイアウトになっていることも大切です。それぞれのトイレにタンクがついているタイプは、複雑に入り組んだ給水のための管がついていたり、壁際に寄せるため拭き掃除ができない箇所があったりしますので、タンクレスタイプをおすすめします。

プライバシーを配慮できる空間

男性用のトイレでは、化粧室の入り口から便器や用足ししている後ろ姿が見えないようなレイアウトであるか確認が必要です。便器同士の間の仕切りがあり、隣の手元が見えないような構造になっているかどうかもチェックしておきましょう。
女性用のトイレは個室のみですが、採光や換気、緊急時対応のために上に隙間がある構造になっていることが少なくありません。最近ではこの隙間をなくした完全個室のトイレも導入されていますが、隙間があるトイレでは、消音設備や消臭設備を設置する配慮が必要です。

荷物を置く台を設置する

女性は化粧ポーチやナプキンなどの荷物を持ってトイレに入る場合があります。用を足している間にこの荷物を置く場所があると、トイレの床に落としてしまう心配がないので安心です。ナプキンそのものを支給品としてトイレに常備しておくことができれば、生理中のわずらわしさを軽減してくれます。
また、最近ではスマートフォンを持ち歩くことが多いため、トイレの個室内に置ける場所があるのもポイントです。女性の場合は特に、ポケットがないことやポーチなどを持ち歩くことも多いため、個室扉やトイレットペーパーホルダーなどの視界に入りやすい場所に置き場所があると、忘れにくく便利になります。

電源をとれるコンセントを確保する

用足しをする際に不快にならないためには、シャワートイレや便座の温度調整機能が有効です。これらの機能を動かすために必要な電源をどこから確保するのか確認しておきましょう。トイレ内の配線は最小限に抑えないと、掃除がしにくくなります。ホコリなどがたまってしまうと、清潔さが保てなくなるので注意が必要です。

化粧室は身だしなみを整える場所でもある

オフィスや事務所の化粧室の手洗い場は、昼休みになると手を洗う人と、歯を磨く人、メイクを直す人で混雑します。化粧室は用を足す目的以外に身だしなみを整えるためにも使われているのです。
では、午後の仕事を気持ちよく始めるためには、トイレにどんな工夫があると良いのでしょうか。身だしなみを整えるのに便利な化粧室の機能などをご紹介します。

歯磨きコーナー

手洗い場と動線を分ける形で小さな洗面所がいくつかある歯磨きコーナーがあると、昼休みの混雑を緩和することができます。通常、自宅では歯磨きをトイレでするという人はあまりいないことからも分かるように、「トイレで歯磨きをしたい」と思っている人はいません。できればトイレとは別の場所にあると良いでしょう。歯磨き用に手洗い場の洗面台よりも小ぶりで、ボタンを押して洗面台全体も洗い流せるような清潔感のある洗面台が設定されている場合もあります。

パウダーコーナー

手洗い場とは別に、個別のミラーとイスを設置したパウダーコーナーがあれば、昼休みの手洗い場周辺の人だかりを解消することができます。メイク直しの際には、むしろ手洗い場がない方が使いやすいので、狭いスペースでも有効活用できるのです。パウダーコーナーにはミラーとイスの他にポーチなどを置ける台があると、ストレスなくメイク直しができます。

フィッティングボードを設置する

フィッティングボードとは、着替えをする際に靴を脱いだ状態で立つことができる台のようなものです。通常は壁側に折りたたんでおくことができるので、水が飛んだりホコリがたまったりして汚れる心配もありません。特にオフィスに更衣室が設置されていない場合などでは、化粧室で着替えなければならないこともあり、お客さまやお取引先の方が伝線したストッキングを取り替えなければならないという場合にも役立ちます。フィッティングボードがあることで、社内外の人が化粧室でストレスなく身だしなみを整えることができるのです。

リフレッシュできるスペースにする

仕事で忙しい際やストレス度が高い際には、ワークスペースでは息をつく間もないようなバタバタと慌ただしい時間を過ごしているのではないでしょうか。トイレに行くのも忘れて、仕事をしていたということもあるかもしれません。そんな日にも、化粧室がほっと一息付けるスペースになっていると、短い時間でリフレッシュすることができ、自分を取り戻せます。快適なトイレは、身だしなみを整えるだけでなく、心を整えるためにも重要と言えるでしょう。

化粧室の快適性を高めるために意識したい設備と設計のポイント

オフィスや事務所のトイレ設置に関する規則があることをご存じでしょうか。労働安全衛生法に基づくトイレ設置に関する規則、これからオフィスや事務所の化粧室を新たに設計する場合と既にある化粧室の快適性を高める工夫をする場合に気をつけたいポイントをそれぞれご紹介します。

オフィスや事務所の化粧室の基準

労働安全衛生法の規定に基づく「事務所衛生基準規則」の17条ではオフィスや事務所などで働く人の衛生基準として、化粧室についても触れられています。この規則の中では、男性用と女性用に区別することが定められており、男性は就業する労働者60人ごとに1個以上の個室と30人ごとに1個以上の小便容器が必要です。女性は就業する労働者20人ごとに1個以上の個室が必要とされていますが、男女合わせて常時10人以内の場合には、男女の区別がない個室で兼用できることとなっています。
しかし、男女共に休憩時間に化粧室の利用者が集中することを考慮すると、この基準では十分でないことが分かるでしょう。

トイレのサイズ

トイレの中で壁などに体がぶつからないようにするためには、幅70~80cm、入り口から便座の手前までの奥行が45~50cm必要です。便器の大きさにもよりますが、奥行きは全体で130cmを考えた方が良いでしょう。さらにチェックしておきたいのが、トイレの清掃やメンテナンスのために便座の左右にそれぞれ15cmの空間があるかどうかです。

電源を確保する

快適なトイレに欠かせないシャワートイレと便座の温度調整機能を使うためには、電源をとれるコンセントが必要です。設計の段階で電源を確保しておかないと後から電気工事を行わなければならなくなり、工事の方法によっては掃除がしにくい化粧室になってしまうことも考えられます。
建物によっては換気扇やファンヒーターなどの電源に使われることもあり、コンセントの有無は重要です。

ユニバーサルデザインを考慮する

オフィスや事務所の化粧室も、障害のある人や高齢者などにも使いやすいユニバーサルデザインの視点から設計することを求められています。男性用と女性用がはっきりと区別がつくように表示して、トイレを使用する際の身体的な負担を最小限に抑えることが大切です。

後付けして整備する

快適な化粧室にするための設備としては、清潔を保つための消臭装置や換気装置、殺菌装置、プライバシーを守るための消音装置や仕切り、身だしなみを整えるためのフィッティングボードなどがあります。いずれも、後付けで設置することが可能です。

別の場所に整備する

化粧室が混雑することを避け、快適に整容する場としてパウダーコーナーや歯磨きコーナーがあります。設計時であれば化粧室の中に整備することもできますが、化粧室の広さに制約がある場合には、化粧室とは別の場所に整備するのも一つの方法です。

今回のまとめ

オフィスや事務所の化粧室は、清潔で快適に使えることが重要です。掃除がしやすい素材とシンプルな構造で清潔を保ちやすくすると共に、プライバシーへも配慮することが大切です。荷物を置く台などの利便性もあると良いでしょう。化粧室は歯磨きや化粧直しにも使われるため、歯磨きコーナーやパウダーコーナーなどを設ければ混雑防止に効果的です。ユニバーサルデザインも考慮して、だれもが快適に使える化粧室を目指してみてはいかがでしょうか。
名古屋に本社を構えるオフィッコスは、オフィスや店舗などの賃貸仲介を専門に扱っている企業でございます。2012年の設立以来、多くのお客様からご利用いただき、ご希望に沿える物件をご案内できるよう、日々情報収集に努めております。常時50,000件以上の物件情報を有しており、ホームページに掲載していない情報も多数ございますので、オフィス・店舗の開設や移転を検討されている事業者さまは、まずは一度お気軽にお問い合わせください。