名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.12.02

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【日進市】


日進市は、名古屋市と豊田市に挟まれた位置にあります。東西8.9㎞・南北6.8㎞と、市域は比較的コンパクトですが、市内に5つの大学があり、多くの学生が学んでいます。地下鉄鶴舞線の赤池駅は始発駅であり、名古屋市外にある唯一の地下鉄駅です。名鉄豊田線も直通となっているため、名古屋・豊田の両市にアクセスしやすくなっています。
そんな日進市では、貸店舗・テナントに関する助成金・補助金制度はあるのでしょうか。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.日進市の特徴
3.日進市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金・補助金は、ほとんどの制度が後払いで支払われます。このため、事業を進めるためには、先に資金を用意しておかなくてはいけません。また、すべての事業に対して支払われるのではなく、決められた用途に対してのみ支払われます。書類に相違点があると、支払いそのものが拒否されてしまうおそれがあるため、書類には正しい用途を記載しましょう。
また、助成金の中には、大企業と中小企業それぞれに対する助成率や助成金額が異なるものや、当初から中小企業のみを対象にしているものなどもあります。業種によって、中小企業とそれ以外の企業の分類方法も分かれていますので、判断しづらいこともあるでしょう。迷う点があれば、早い段階で行政へ相談することが大切です。

日進市の特徴

日進市は、愛知県の尾張地区と三河地区の境目に位置している自治体です。地下鉄鶴舞線と名鉄豊田線が乗り入れているうえ、若い世代の人口増加・大型ショッピングセンターのオープンなどで、名古屋市・豊田市のベッドタウンとして人気が高まっています。
市内には5つの大学が立地するほか、米野木町南山の一部が研究開発地区として活用されています。研究所、研究支援施設・研究開発施設などが集約されている地区であり、環境保護および業務の利便性増進を目的としています。市内の移動は車が中心であり、国道153号線・県道57号線・県道58号線などの道路沿いに店舗が多く見られます。

日進市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

日進市における、貸店舗・テナントに対する独自の助成金・補助金制度は確認できませんでした。愛知県が、飲食店に向けて行っている「あいスタ認証」を取得した店舗に対して、日進市独自の奨励金制度を設けています。貸店舗・テナントにも該当できる可能性が高い制度ですので、あいスタ認証を受けているのならば交付申請を行いましょう。法人・個人によって提出書類が異なりますので、間違えないよう注意しましょう。

今回のまとめ

日進市で、テナントをお探しの事業者さまは、ぜひ一度オフィッコスまでご連絡ください。オフィッコスでは、どこよりも早く最新の物件情報を入手するよう努めており、ホームページに掲載して物件情報も多数ございます。
また、ご希望の物件がお決まりでしたら、事業者さまに代わって各種交渉をさせていただきます。テナントの情報を、良い面・悪い面の両方からすべてお伝えし、ご納得の上で契約いただくよう努めておりますので、どうぞ安心してご相談ください。