名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.13

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【日進市】


日進市は、名古屋市と豊田市という愛知県有数のビジネス都市にそれぞれ隣接する自治体です。両市へのアクセスの良さはもちろん、ベッドタウンや学園都市としても機能しており、住まいや企業の本拠地として人気が高いエリアといえます。今回は、愛知県日進市の事業者に対する補助金・助成金制度を紹介します。日進市に賃貸オフィスに関する補助金制度があるのかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.日進市の特徴
2.日進市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.日進市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

日進市の特徴

日進市は愛知県の中部に位置し、名古屋市・豊田市・長久手市などに接している自治体です。令和3年6月現在の人口は約9万2千人。かつて全国トップクラスの増加率をマークしたこともある人口は、未だに年々上昇傾向にあります。日進市の大きな特徴は名古屋・豊田へのアクセスの良さ。名鉄豊田線日進駅から豊田駅までは17分、逆方向の赤池駅で地下鉄鶴舞線に乗り替えれば、名古屋・伏見方面へ楽に行くことができます。
なお、日進市は、名古屋や豊田のベッドタウンとして成長してきた街ですが、商業施設が豊富なほか、食料品・化成品・電気機器・自動車部品など、幅広い製造業者が本拠地・工場を置く産業エリアでもあります。また、大きな医療機関や教育機関が多いのも特徴的。交通便利なうえ住環境も整っている日進市は、事業者がオフィスや事務所を開設したり移転したりするにもおすすめの地域といえるでしょう。

日進市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

日進市では、「愛知県経済環境適応資金」か「中小企業信用保険法に基づく制度」、もしくは後ほど紹介する「小規模企業等振興資金」という3つの融資制度のいずれかを利用した事業者に対し、信用保証料を助成する制度を実施しています。受けた融資額によって助成率は変わってきますが、助成金の計算は、「実質借入割合相当保証料×助成率」となっており、助成限度額は20万円です。
なお、助成を受けるには、日進商工会の会員であることなどの条件を満たす必要があります。また、申請したい場合は、信用保証書関連書類や日進市税の納税証明書の写しなど、必要書類の確認もしておきましょう。

日進市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

日進市では現在、賃貸オフィス・事務所の家賃などに活用できる助成・補助金制度はとくに実施されていません。ただし、先ほども少し触れた「小規模企業等振興資金」は、愛知県の低利融資制度で、日進市でも申し込むことが可能です。
この融資制度は従業員50名以上の事業者を対象とした「通常資金」と、20名以下の事業者を対象とした「小口資金」に分けられます。融資限度額は通常資金で5,000万円、小口資金で2,000万円となっていますが、設備資金・運転資金どちらにでも利用できます。税金の滞納がないことなど、要件を満たしていなければなりませんが、家賃・人件費を使途に含む運転資金に使える便利な制度です。

今回のまとめ

日進市は、愛知県の中でも名古屋や豊田への行きやすさや暮らしやすさから、住宅都市として栄えてきました。しかし一方で、商業全般がさかんで人の流入も多く、さまざまなビジネスチャンスのあるエリアともいえます。日進市で賃貸オフィス・事務所を借りたいとお考えの方には、希望に合う物件を上手に見つけるためにも、プロの仲介業者への相談を強くおすすめします。
「オフィッコス」は名古屋を中心に東海エリアのオフィス・テナント情報や移転ノウハウを豊富に提供できる専門業者です。オフィス移転のご相談は、ぜひオフィッコスまでお気軽にお寄せください。