名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.12.02

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【田原市】


愛知県の南端に位置している田原市は、太平洋と三河湾の二つの海に面しており 多種多様な自然が見られることで有名です。市域の多くが、国定公園や県立自然公園に指定され、訪れる人々を魅了しています。全国トップクラスの農業産出額を誇るほか、三河湾臨海工業地帯には多くの工場が集積しています。
そんな田原市では、貸店舗やテナントに対する助成金や補助金の制度は設けられているのでしょうか。今回の記事で詳しく解説します。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.田原市の特徴
3.田原市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金と補助金の違いは、管轄官庁や支援目的・支給の難易度・金額・募集期間などがあげられます。特に大きな違いは金額であり、助成金が数十万円から百万円程度であるのに対して、補助金は数百万円から場合によっては数億円程度の金額が支給される場合があります。これは、それぞれの目的の違いによるものであり、助成金は雇用安定のための対策・補助金は企業の経営に関わる支援であるためです。ただし、制度によっては助成金と補助金の明確な違いが見られないものもありますので、内容をしっかり確認する必要があります。
また、助成金や補助金の内容によっては、中小企業のみを対象としているものもあります。この場合、中小企業以外の企業では、支給の対象外となる場合もあるのです。申請を検討する段階で、要件に該当するかどうかを確かめておきましょう。

田原市の特徴

愛知県の南端に位置している田原市は、渥美半島のほぼ全域を市域としています。三河湾国定公園や渥美半島県立自然公園に指定されており、海と山に囲まれた素晴らしい自然環境が魅力的な自治体です。貴重な動植物の宝庫でもありアカウミガメやスナメリなどが見られるほか、シデコブシやハマボウなどの群生地も存在します。
市の産業は、観光業をはじめとして、農工水産業など幅広い産業が行われています。農業産出額は全国トップクラスであり、収益性の高い農業が特徴です。田原市には大型のショッピングモールはありませんが、地元密着型の中型ショッピングセンターが点在しています。また、個人商店が多く見られるのも特徴です。

田原市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

田原市では、「中小企業者総合支援補助金」という制度を設けています。市内の空き店舗を利用してサービス業を開始、もしくは規模拡大をする事業者に対して改装などの経費の一部が補助されるものです。
補助金額は上限が決められている上、予算額および選考結果によって決定されるため、必ずしも申請した金額が全額受け取れるとは限りません。また、事業完了後に実績報告書の提出も求められますので、書類の準備は早めに行うと安心です。

今回のまとめ

田原市でテナントをお探しの事業者さまは、ぜひオフィッコスまでご相談下さい。オフィッコスは、15年以上にわたって名古屋を中心にオフィス・テナントの仲介業に携わってまいりました。田原市の地域事情にも精通しており、事業者さまの目指す店舗を開けるような物件をご紹介させていただきます。物件情報は、良い点とネガティブな点を両方お伝えし、ご納得いただけた上での契約となりますので、どうぞご安心ください。