名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.12.01

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【尾張旭市】

名古屋市の東隣に位置している尾張旭市は、ここ数年で紅茶のまちとして全国的に有名になりました。市の北部には、市の面積の6分の1を占める愛知県森林公園があり、令和元年には全国植樹祭が開かれました。市内随所に、季節を感じられるスポットが多く、城山公園の桜やコスモス・維摩池のアジサイ・吉賀池のサギソウなどが見られます。
そんな尾張旭市における、貸店舗・テナント向けの助成金・補助金制度は、どのようになっているのでしょうか。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.尾張旭市の特徴
3.尾張旭市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金と補助金は、ただ申請するだけで受け取れるものではなく、明確な活用目的を申請時に提示しなくてはいけません。助成金であれば、雇用に関する費用に充当されることが多く、補助金は企業の技術開発などの取り組みに対して支払われます。融資とは異なり、原則として返済は不要ですが、申請から入金までの期間が長いうえ、申請するまでの準備にもかなりの時間がかかります。場合によっては、書類作成よりも申請準備の方が、時間がかかることもあるほどです。
助成金・補助金の需給を検討するには、準備の流れだけでなく、法令に基づいた企業経営を行っているか振り返る必要があります。これらの手続きには、専門知識を持ったスペシャリストの手助けを借りると、スムーズに進められます。税理士や社会保険労務士などに相談するのもひとつの手です。

尾張旭市の特徴

尾張旭市は、名古屋市守山区の東隣に位置する自治体です。「おいしい紅茶日本一のまち」として、日本紅茶協会から認定を受けています。平成24年から、毎年市内で紅茶フェスティバルが開かれ、紅茶に関する大規模なイベントとして定着しています。市内には、協会から認定を受けた店舗が15あり、店ごとにオリジナリティあふれる紅茶が味わえます。
また、市の北部にある森林公園では、運動公園をはじめ植物園・乗馬・テニス・野球などの施設があり、思い思いの時間を過ごせます。

尾張旭市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

尾張旭市では、貸店舗・テナントに特化した助成金や補助金は確認できませんでした。ただし、県で実施している飲食店向けの「あいスタ認証」や協力金・応援金などは、尾張旭市内にある店舗に対しても、条件を満たしていれば適用されます。
助成金・補助金などの制度は、刻々と変化しており、今後新しい制度が始まる可能性も十分考えられます。市役所や商工会から発表される情報を入手し、常に新しい情報を確認するよう心がけましょう。

今回のまとめ

尾張旭市で、テナントを探しておられる事業者様がいらっしゃいましたら、ぜひオフィッコスへご相談ください。オフィッコスでは、物件に対するお客様のご要望を細かくお聞きしたうえで、最適な物件をご紹介いたします。ご要望が決まっていない、もしくはおおまかなご希望や漠然としたイメージしか分からないといった現状でも構いません。15年以上の実績を活かし、事業の発展に寄与できる物件探しを全力でサポートさせていただきます。物件探しで悩んでおられることがございましたら、些細なことでも結構ですので、どうぞお気軽にご相談ください。