名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.30

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【知多市】


愛知県知多市は、知多半島の北西部に位置する自治体です。住宅が立ち並ぶ地域と工業地帯が、グリーンベルトによって明確に区分されており、工業地帯において生態系が形成されています。佐布里池の梅や、江戸時代から岡田地区で栄えた知多木綿など、全国に知られる名産品が多く見られます。
知多市では、貸店舗やテナントに対して助成金や補助金の制度は設定されているのでしょうか。今回の記事で解説しますので、テナント探しの参考にしてみてください。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.知多市の特徴
3.知多市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金と補助金の最大の違いは、管轄している省庁の違いです。助成金は、主に厚生労働省が管轄するのに対し、補助金は経済産業省や地方自治体が管轄します。これにより、助成金は雇用・労働環境の構築、補助金は事業の発展を主たる目的としていることが多くなっています。補助金の方が審査が厳しく規模も大きいのは、企業の経営に直結する金銭であるためです。
さらに、助成金は通年での募集を行っているものも多いのに対し、補助金の募集期間は数週間から1か月程度が一般的です。両制度は、ほぼ同じ制度として扱われるケースも増えていますが、根本的には全く異なることを理解しておきましょう。
助成金についての相談は、社会保険労務士や行政書士が中心ですが、補助金のスペシャリストは税理士や中小企業診断士などとされています。

知多市の特徴

知多市は、愛知県知多半島の北西部に位置しています。市の西部は、伊勢湾に面した臨海工業地帯が続いており、発電所や石油コンビナート、ガスの貯蔵施設などの企業・設備が集積していることから、中部地区の一大エネルギー基地として大きな役割を果たしています。名古屋港や中部国際空港、高速道路へのアクセスにも優れている点も、知多市で工業が発展している要因といえるでしょう。
一方、グリーンベルトを挟んだ市の東側は、住宅地や商業地となっており、市の産業を多方面から支えています。市内では、名鉄常滑線の寺本駅から朝倉駅に近い地域に商店街が複数ありますが、空き店舗が目立っているのも現状です。

知多市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

知多市が独自に行っている、貸店舗・テナントに特化した助成金・補助金は、確認できませんでした。愛知県が実施している、飲食店に向けた「あいスタ認証」の申請サポートは、知多市内にある飲食店であれば、知多市商工会で行っています。(会員・非会員問わず)
あいスタ認証の申請を検討しているテナントの方は、相談してみると良いでしょう。

今回のまとめ

知多市内でテナント探しを検討されている事業者様は、ぜひオフィッコスへご相談ください。オフィッコスでは、テナント探しから契約・移転・アフターフォローまで、一連の流れをサポートさせていただきます。物件探しから移転当日までは、およそ半年を要するとされており、スムーズな作業が重要です。
オフィッコスは、オフィス・テナントの仲介を専門としており、初めて移転・開店をお考えの事業者様も安心してご利用いただけるよう努めております。どんなささいなことでも結構ですので、まずは一度お気軽にお問い合わせください。