名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.30

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【大府市】


知多半島の付け根に位置している大府市は、山芋やブドウなどの特産品で知られる自治体です。毎年2月に長草天神社で行われるどぶろくまつりは、500年以上の歴史を持っており、どぶろくが奉納されるほか、参拝客にも振舞われます。ほかにも、大府では多くの祭りが開かれ、さくらまつりやおまんと祭り、つつじまつり、共長夏まつりなどが見られます。
そんな大府市では、貸店舗・テナントに対する助成金や補助金の制度は何かあるのでしょうか。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.大府市の特徴
3.大府市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は、内容によって申請に向いている業種が異なります。例えば、経済産業省系の制度は起業促進・技術振興・中小企業振興などが目的とされており、起業家向けと言えます。また、自治体で設定している助成金・補助金の制度は、該当地域における産業振興のために創業支援を行っているものがあります。この制度は、自治体によって大きな差があるため、利用したい自治体の情報をしっかり確認しなくてはいけません。
助成金・補助金ともに、原則として返済は不要ですが、後払いという点に注意する必要があります。場合によっては、補助金を担保として、公的金融機関から融資を受ける必要性が生じることも考えられます。助成金・補助金は、使用用途が限定されているため、すべての用途に使えるものではないことを心得ておきましょう。
補助金と融資を組み合わせた資金調達は、実際の現場でも見られますが、それぞれの管轄が異なるため、補助金の要綱には記載されていないケースもあります。

大府市の特徴

知多半島の北端に位置している大府市は、高速道路や国道が交わる地勢から、市内には自動車工場が数多く集まっています。また、愛知用水を利用した近郊農業も盛んで、特に山芋やブドウは特産品として有名です。ほかに、馬鈴薯も県内トップクラスの収穫量を誇り、大府の農業を支えています。
大府市内には、ショッピングセンターが2軒ありますが、隣接した名古屋市緑区にイオンモール大高があり、車ですぐアクセスできるため、休日にはイオンを訪れる人も多くなっています。その反面、市内にある小規模商店の軒数は、年々減少しているのが現状です。

大府市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

大府市では、大府駅および共和駅周辺の指定区域内にある空き店舗を借り上げて出店する法人等に対して、「大府市空き店舗等利活用補助金」の制度を設けています。改装費・貸借料に対して補助金が支給されますので、条件に該当できるのであれば、定められた期日までに書類の提出を怠らないようにしましょう。

今回のまとめ

大府市は、JR東海道本線で名古屋からアクセスしやすい場所にあります。この地で貸店舗・テナントをお探しの事業者様は、ぜひ一度オフィッコスへお問い合わせください。大府の地域事情を熟知している弊社スタッフが、物件探しから入居後のアフターフォロー、書類の申請方法まで、細やかにサポートいたします。ホームページに掲載されていない物件のご相談でもご遠慮なくお申し付けください。