名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.26

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【刈谷市】


刈谷市は、愛知県のほぼ中央に位置しています。伊勢湾岸自動車道にある刈谷ハイウェイオアシスは、ドライバーの休憩場所であるだけでなく、全国的に知られる観光地として多くの人が利用しています。カキツバタも有名であり、市の最北部にある小堤西池は、日本三大カキツバタ自生地のひとつであり、群落として国の天然記念物にも指定されているスポットです。
そんな刈谷市における、貸店舗・テナントへの助成金・補助金について見てみましょう。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.刈谷市の特徴
3.刈谷市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は、日本に数千種類あるといわれており、業種や地域によって利用できる制度が変わってきます。種類は、大きく分けて4種類あり、経済産業省系・厚生労働省系・自治体独自の制度・その他に分けられます。
助成金や補助金が、融資と大きく異なるのは、原則として返済が不要な点です。特徴として、助成金よりも補助金の方が、申請期間が短いものが多く、1か月程度しかないケースも見られます。時期によって、新しい制度が出ていたり、制度の内容が変更されていたりすることもあるため、申請時点で最新の情報を入手する必要があります。

刈谷市の特徴

刈谷市は、愛知県のほぼ中央に位置している自治体です。トヨタ自動車のグループ会社であるデンソーやアイシンなど、自動車関連企業の本社や工場が集結しており、日本の産業に大きく貢献しています。また、かつて刈谷城があった地でもあり、現在の亀城公園や秋葉社をはじめとして、市内各所に史跡が残されています。
刈谷市では、イオンタウンやアピタなど大型の小売店が多く見られますが、9つの商店街が営業を行っており、地元密着型の営業を続けています。店舗のジャンルも、グルメ・テイクアウト・ファッション・美容・ライフなど幅広く、どの年代でも楽しめるのが大きな特徴です。

刈谷市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

刈谷市では、「刈谷市創業者支援事業補助金」という制度を設けています。中小企業者としての創業を予定している人のうち、所定の条件を満たしている人に対し、事業所の月額賃料や法人登記等にかかる経費、販促の経費などを対象として補助金が交付されます。条件は多岐にわたり、市内に住所もしくは本店を置く会社を設立することや、商工会議所の創業支援を受けていること、創業後3年を超えて事業継続することなどとなっています。補助は、月額賃料・登記経費・販促経費それぞれに対して上限額が決められています。
条件に該当する可能性があれば、ぜひ問い合わせてみましょう。認定申請は市役所の商工業振興課、交付申請は商工会議所へ相談したうえで市役所への手続きが必要です。

今回のまとめ

刈谷市では、上記で紹介した補助金以外にも、中小企業に対してさまざまな補助・助成制度を設けています。自社の業務内容が申請要件に該当するのか、申請への手続きの流れが知りたいなど、補助金に関することは市役所や商工会議所へお問い合わせください。
また、刈谷市内でのテナント探しに関して、お困りのことや相談したい内容などがございましたら、ぜひオフィッコスへご用命ください。