名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.26

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【碧南市】


愛知県の西三河地方に位置する碧南市。温暖な気候と風土から、窯業・鋳物・醸造などの伝統産業が今もさかんであり、「九重味淋」は日本最古のみりん蔵を持っています。また、白しょうゆの発祥地でもあり、市内にはしょうゆ・味淋・味噌・酒の蔵が点在しているのです。ファミリー向けの公園や水族館も多く、週末には家族連れでにぎわいます。そんな碧南市では、貸店舗やテナントを構える際に、助成金や補助金は受けられるのでしょうか。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.碧南市の特徴
3.碧南市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

経済産業省が発表している主な補助金は、持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の3つです。この3つは「生産性革命推進事業に係る補助金」と呼ばれ、通年での公募となっています。補助金の受給要件が、店舗の事業内容と合っていれば、ぜひ利用しましょう。
このほかにも、期間限定で公募を受け付けている助成金・補助金も多数ありますので、調べたうえで申請を検討すると良いでしょう。助成金・補助金は、原則として返済不要であることが、融資と異なる点です。

碧南市の特徴

碧南市は、名古屋市から40km圏内の場所であり、油ケ淵・矢作川・衣浦港などの水に囲まれた平坦地です。臨海工業地域として発展している一方で、醸造のまち・ものづくりのまちとして伝統を受け継いでいます。碧南には、いぶし瓦シェア全国一・日本最古のみりん蔵・えびせん家族の本社工場・クルルマークで知られる砂糖工場など、数多くの有名企業がひしめきあっているのです。
また、JAの直売所であるあおいパークでは、週末になると大勢の家族連れが訪れます。これらの特徴から、碧南市には特産品の直売所が数多く存在します。昔ながらの店舗が多いのも特徴です。

碧南市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

碧南市では、中小企業に対して数々の支援制度を設けています。その中で、貸店舗・テナントが利用できる可能性がある制度として、「経営改善支援事業補助金」があげられます。「ビジネスモデル転換補助金」は、飲食店がテイクアウトやネット予約などを始めた際の費用が補助対象です。「感染症対策環境整備補助金」は、新型コロナウイルス等の感染症に対する環境整備にかかった費用の補助に充てられます。どちらも、条件を満たしたうえで所定の事業を実施すると、補助が受けられます。補助限度額は、法人が20万円・個人事業主が10万円で、各限度額に達するまで複数回利用可能です。

今回のまとめ

助成金・補助金の申請要件は、複雑なものも多く、要件に該当するのか判断しにくいケースも多いでしょう。申請は、補助対象事業を実施したのちとなるため、該当するかどうかは、事業の実施前にはっきりさせておきたいものです。
市役所や商工会議所に問い合わせる前に、一度オフィッコスへ相談いただいてはいかがでしょうか。オフィッコスは、オフィス仲介会社として、名古屋をはじめとした東海地方のオフィスや店舗の仲介を行っております。もちろん、テナントの契約にいたるまでの手続きもお手伝いさせていただきます。ホームページに掲載していない物件も多数ご紹介しておりますので、まずは一度お気軽にお問い合わせください。