名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.25

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【春日井市】


春日井市は名古屋市の北東部に隣接している都市で、都心部へのアクセスが良いベッドタウンとして人口を伸ばしました。暮らしに便利な、多くの商業施設が充実しているエリアです。春日井市でビジネスを始めるなら、補助金や助成金を利用しましょう。助成金や補助金に関する基礎知識、春日井市で創業する人が申請できる種類を紹介します。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.春日井市の特徴
3.春日井市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

事業者向けの助成金や補助金はさまざまな種類があり、雇用や労働環境の改善などをサポートするものから事業の拡大を支援するものまで、幅広いものが見つかります。近年は感染症対策や予防のために必要な改装費用や、テレワークの導入にかかった費用の一部などを補助してもらえる制度も増えました。
交付を受ける上でさまざまな条件がありますが、事業をする土地の商工会議所や商店街組合に所属することなどの要件を満たさなければならないものが多く、利用にあたって事業計画書を提出し審査を受けなければならないものもあります。補助金や助成金の種類によっては期限が決まっているものもあるので、行政や厚生労働省などのホームページを小まめにチェックすることがおすすめです。

春日井市の特徴

春日井市は名古屋市に隣接し、JR春日井駅を中心に商業施設が充実しています。鉄道をはじめ国道19号・名二環・東名高速道路などが通っており、自動車での各地へのアクセスも容易です。JR春日井駅近くの市役所を取り囲むように位置する鳥居松商店街は、同市の政治や経済の中心地に位置することから、地域の発展を支えてきました。昔ながらの店舗だけでなく、空き店舗対策によって新しい店も増えつつあります。
人口は約31万人と、県内でもトップクラスです。都市部から近い割に緑が豊富で、「日本の都市公園100選」の一つでもある「落合公園」へ行けば、四季折々の景色を楽しめるでしょう。昭和20年代後半から果樹栽培の傍らサボテンの栽培が始まり、以後果樹園が衰退したことをきっかけに一大産業として成長し、現在も「サボテンのまち」として知られています。

春日井市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

春日井市ではさまざまな形で企業活動の支援をしており、事業者向けに多くの補助金や助成金があります。例えば、市内で創業する人を支援する目的で「新規創業助成事業補助金」を交付しています。市内に事業所を開設する費用や、商業登記等官公庁に提出する書類の作成にかかった費用などを対象として、50万円までを限度にした補助金を受け取れる制度です。新たに事業を開始する際の、資金不足の解消に役立ってくれるでしょう。
ほかにも、商店街の空き店舗を利用する際に使える補助金が用意され、「商店街空き店舗活用事業助成金」を活用し、地域の商業の活性化を図っていることが特徴です。商売を始めるにあたって必要な改装費用や、店舗と住居と分離するためにかかる費用などを、補助してもらえます。詳細は同市の市役所および、春日井商工会議所などで確認しましょう。

今回のまとめ

春日井市から栄までは電車で30分圏内にあり、名古屋市内で貸店舗を借りることが難しい人でも、比較的コストをかけずにビジネスを始めやすいでしょう。人口も多く、創業や商店街の活性化に関係した支援が積極的に行われていることから、駅前を中心に今後も商業施設の発展が見込めます。
オフィッコスでは名古屋市を中心に、多くの賃貸オフィスや貸店舗を取り扱っています。お客様のニーズに合わせた物件選びをサポートしているので、ぜひご利用ください。