名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.25

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【半田市】

半田市は知多半島にある都市の一つで、常滑市・碧南市・高浜市などと隣接し、隣接する碧南市とは海底トンネルで結ばれています。半田市で貸店舗やテナントを探しているなら、助成金や補助金の活用を視野に入れることがおすすめです。どんなものがあるのか見ていきましょう。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.半田市の特徴
3.半田市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は、個人向けと事業者向けに分けられます。事業者向けは、要件を満たす企業を対象にさまざまな種類が活用されています。国や地方自治団体などが助成金や補助金を交付しており、雇用や労働環境に関するものから、事業の拡大や新しい設備の導入などにかかる費用を補助してもらえるものまで、幅広いです。その地域の商業の活性化や、理想とするまちづくりに関連した内容となっていることが少なくありません。
申請内容に間違いがなければ受給できるものもあれば、申請書と事業計画書を提出し、国や自治体の審査を受けて通過した企業だけが受給できるものもあります。受け取れる額は事業の規模や定められた予算によって異なりますが、数十万~数百万円単位が支給されることもあります。

半田市の特徴

半田市は愛知県南西部に位置し、知多半島の中心都市として発展してきました。市域はL字型を反転したような形状となっていることが特徴です。武豊線の半田駅と名鉄河和線の知多半田駅を中心に、商業施設が発展しています。知多半島にある都市の中でも小学校・中学校・高校などの教育機関が多く、子育て世代が集まる傾向です。知多半島にある都市の中で最も人口が多く、約12万人の人々が暮らしています。
古くから醸造業や海運業などが盛んで、半田運河の周辺に並ぶ黒壁の酒蔵や赤レンガを使用した建造物などが多いです。江戸時代には半田市で生産された酢が、運河を利用して江戸まで運ばれていました。現在も「ミツカングループ」をはじめとした有名企業が本社を構え、沿岸部には工業地帯が広がり、大規模な工場がいくつも立ち並んでいます。明治時代から酪農が行われており、北海道の次に乳牛が多く飼育されていることでも有名です。中でも、ブランド牛の「知多牛」は、国産和牛の人気ブランドの一つとなっています。

半田市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

半田市では、中心市街地や駅周辺における商業を活性化させるため、対象区域で商業施設の改装や新設を行う企業向けに「半田市商業施設助成事業費補助金」を交付しています。どのエリアで貸店舗やテナントを借りるか迷っているなら、補助を受けられる区域を検討するのも一つの方法です。
工事の際は半田市内の業者を利用することや、対象区域の商店街組合への加入など、いくつかの要件を満たしていれば内装工事や外装工事にかかる費用が補助されます。補助率はかかった費用の1/2以内で、出店するエリアや工事内容によって異なるものの、最大で200万円まで支給されます。詳細の確認や申し込みは「半田商工会議所」で行いましょう。

今回のまとめ

半田市は古くから酢や酒などの醸造が行われてきた場所で、現在も食品の製造に関連した企業が多い傾向です。歴史がある町並みや醸造蔵を利用し、観光地としても整備されています。沿岸部は大規模な工業地帯となっていて、今後も周辺地域の商業を支える港湾都市として発展していく見込みです。
オフィッコスは理想の賃貸オフィスや貸店舗などを探すお手伝いをしています。専門知識を備えたスタッフがニーズに合った物件探しをサポートしますので、ぜひご利用ください。