名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.24

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【一宮市】

一宮市は、名古屋に近いエリアで開業したいと思っている人向けのエリアです。歴史が古く、市内には地名の由来にもなっている由緒正しい神社があることで知られます。
市内で貸店舗やテナントを探している人は、事業者向けの助成金や補助金に対して理解を深めておくことがおすすめです。どんな種類があるのか見ていきましょう。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.一宮市の特徴
3.一宮市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は、国・地方公共団体・厚生労働省などが個人や事業者の支援を目的として交付するお金のことです。事業者向けには、労働環境の改善・雇用の促進・従業員の健康面の維持などに使えるものから、賃貸オフィスや店舗の家賃に対する補助や設備投資に使えるものなど、豊富な種類があります。国や地方自治体が目指す理想のまちづくりに関連したものが多く、地域の商業の活性化や中小企業の支援を目的としたものも少なくありません。近年では、感染症対策やリモートワークを促進するための取り組みに対して使える助成金・補助金も増えています。
事業者向けの助成金や補助金を受け取る際は、ほとんどの場合で期限内に必要な書類をそろえて申請をすることが必要です。会社を経営する上で役立つ、あらゆる種類が用意されているのでニーズに合うものがきっと見つかるでしょう。

一宮市の特徴

一宮市は、愛知県の尾張地方にあり、古くから「繊維のまち」として発展してきました。市内の中心部には、平安時代ごろから尾張国一之宮として崇拝されてきた「真清田神社」を有しています。
平成17年に、一宮市・尾西市・木曽川町が合併したことで、人口が約37万人になりました。名古屋駅までJR東海道線で約15分の立地であることから、ベッドタウンとしての役割も持っています。市内には多くのスーパーマーケットがあり、全国にチェーン展開している有名店だけでなく、東海地方だけにあるご当地スーパーが多いです。市民の憩いの場となる公園も豊富で、暮らしやすいまちとして人気があります。

一宮市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

一宮市では、地域の商業や中小企業の経営などを活性化させるための、さまざまな助成金・補助金を活用しています。例えば、中小企業の生産性を向上させるために「中小企業等経営強化法による支援」を行っています。支援を受けるには事業者が先端設備等導入計画を作成し、市の認定を受けることが必要です。
事業用の家屋・機械・備品などを対象とした支援のほかにも、商店街の空き店舗解消を目的とした「一宮市空き店舗解消リフォーム費用補助金」を交付しています。新しい事業を始めるにあたって、動線の確保や什器の拡張などの工事は必要になることが大半なので、リフォームの費用を補助してもらえれば助かるでしょう。
補助を受けるには、市内の商店街振興組合に加盟していることや、補助金申請年度末までの事業開始などの要件を満たすことが必要です。補助金交付申請前に事業に着手すると、補助金を受けられません。利用を検討する場合は、事前に市の商工観光課に問い合わせましょう。

今回のまとめ

一宮市は名古屋市へのアクセスが良い地域であり、ベッドタウンとして発展しています。今後も尾張地方の中心都市として発展していくでしょう。市内には市民がくつろげる公園が多く、生活に欠かせないスーパーマーケットが充実しています。
一宮市周辺で貸店舗やテナントを探しているなら、オフィッコスの利用がおすすめです。名古屋市を中心に豊富な物件数の取り扱いがあり、知識が豊かなスタッフが理想に合った物件探しをお手伝いいたします。