名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.09

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【安城市】


安城市は、愛知県西三河地方にある都市で、豊田市や岡崎市などに隣接しています。人口は約18万8000人と、県内でもトップ10に入る都市です。安城市にオフィスや事務所を引越すことを検討しているなら、市内で活用されている助成金や補助金について、チェックすることをおすすめします。引越しや新規事業を展開する際は、何かと費用がかさみがちなため、補助を受けられるにこしたことはないでしょう。安城市の特徴と合わせて、助成金や補助金について解説します。

【目次】
1.安城市の特徴
2.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
3.安城市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

安城市の特徴

安城市は愛知県の中央部にあり、名古屋市から30km圏内にある都市です。中京工業地帯を代表する都市の一つとして知られ、自動車のまちとして知られる豊田市や、衣浦臨海工業都市に隣接することから、自動車部品に関連した企業をはじめとした、多くの企業が立地しています。工業都市である一方で農業都市としても発展し、いちじくや梨などが生産され、市域の約50%が農地として利用されていることが特徴です。エコサイクル事業を展開し、CO2排出量の減少による環境の改善や、市民の健康づくりのために自転車を利用し、自転車の無料貸出しをする取り組みもされています。
また、例年夏になると「日本三大七夕祭り」の一つに数えられている「安城七夕まつり」が、開催されることでも有名です。祭りの時期になると市外からも多くの人々が訪れ、安城駅周辺の市街地が活気づきます。

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は、個人の暮らしや事業者の経営を助けるために国や自治体などから交付される金銭のことで、さまざまな種類があります。例えば、「雇用調整補助金」は雇用の維持のために交付される補助金です。経営の悪化で、従業員を解雇することになってしまうと、無職の人が増えてしまいます。申請すれば、雇用を維持するために必要な金銭を受け取れるでしょう。
ほかにも、国や自治体が目指す社会に近づけるために必要とみなされた助成金や、補助金の交付が行われています。事業者向けに、新技術や革新的な試みに対し応募者の審査を行い、適当と認められた場合に補助を受けられるというように、事業の発展のために活用されているのです。

安城市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

安城市では地域の商業を活性化するために、空き店舗を利用する人に対し補助金を交付しています。安城市にオフィスを引っ越したい人は、ぜひ申請してみましょう。
代表的な補助金として「空き店舗等活用事業費補助金」が挙げられます。安城市内で、店舗や事務所として使用されていた空き店舗を利用して事業を始めたい人は、補助金を申請できます。対象者は、市内で新規出店する事業者です。
補助対象となる経費は、賃貸借契約期間に発生する家賃・共益費や、工事費などとなってます。家賃の補助率は補助対象経費の50%以内で、限度額は月額10万円までです。工事費は補助対象経費の50%以内で、限度額は60万円となっています。家賃の補助対象期間は交付決定日以後の任意の3カ月間、工事費は1回限りです。空き店舗がある「商店街振興組合」への加入や、宗教活動・政治活動を目的としない、などの要件を満たす必要があります。
家賃の補助申請は、賃貸借契約期間の開始日や開店日よりも前に行うことが必要です。詳細は安城市のホームページをチェックしましょう。
https://www.city.anjo.aichi.jp/zigyo/syoko/akitenpo2.html

今回のまとめ

安城市は工業と農業のバランスがとれた都市であり、エコサイクル事業を展開するなど、エコに対する取り組みも盛んに行われています。工業地帯である豊田市や衣浦臨海工業都市などに近接していることから、多くのビジネスチャンスを見つけられるでしょう。
安城市周辺で、賃貸オフィスや事務所を探しているなら、オフィッコスの利用がおすすめです。経験豊かなスタッフが、理想的な賃貸物件を探すサポートをしていますので、ぜひご利用ください。