名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.09

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【西尾市】


西尾市は愛知県中南部に位置する、人口約17万人の都市です。海・山・川に囲まれた自然が豊かな場所として知られ、農・工・商のバランスがとれています。西尾市で事業を始めることや、オフィスの引っ越しを考えているなら、市の特色や事業者向けの助成金・補助金について、チェックしましょう。西尾市の町の特徴や、申請できる助成金や補助金などを紹介します。

【目次】
1.西尾市の特徴
2.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
3.西尾市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

西尾市の特徴

愛知県の西三河地方の中核都市であり、自動車関連産業の発展とともに成長してきました。市内を名古屋鉄道「西尾線」と「蒲郡線」が走り、道路は「国道247号」や「岡崎バイパス」の主要幹線道路などを利用できます。鎌倉時代に足利義氏によって城が築かれ、地域の拠点として繁栄してきた歴史を持っており、「西尾城」の一部を復元した「西尾市歴史公園」は、町のシンボルです。東には三ヶ根山などの山々がそびえ、西には矢作川が流れています。南は三河湾に面し、新鮮な魚介類が獲れる場所として知られ、あさりやうなぎなどが有名です。
特産品の「抹茶」は、日本でもトップクラスの生産量を誇ります。茶園シーズンになると、丘陵地などで茶摘みの風景が見られるでしょう。また、三河湾にある離島佐久島は「アートの島」として知られており、観光地としてもにぎわっています。

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は国民の暮らしをサポートするものや、事業者の経営を助けるものなどの種類があります。要件を満たしていれば、子育て支援や介護などに関係する助成金などを受け取れるでしょう。
事業者向けには雇用支援・創業支援・事業継続支援などの種類があり、対象経費の一部を補助するタイプもあれば、融資ローンの利子を一部補助するもタイプもあります。対象者や補助率などは補助金によって異なり、申請にあたって必要な事業計画書や各種書類を提出し、申請後に審査を受けることが一般的です。
助成金と補助金はほぼ同じ意味で使われており明確な区別はありませんが、補助金は受け取れる金額の割合が大きく設定されている場合が少なくありません。

西尾市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

西尾市では新型コロナウイルスの影響により、元気を無くしている中小企業を助けるための、各種補助金を交付しています。さまざまなものがありますが、代表的な例を見ていきましょう。ここでは、西尾市がんばる事業者応援補助金を紹介します。
対象者は西尾市内に事業所がある中小企業などです。感染症対策だけでなく、事業継続のための試みのほか、既存事業の売上や生産性向上に対する取り組みなどにかかる経費を対象に補助しています。例えば、ソーシャルディスタンスに配慮したレイアウトにするための工事費や、新製品の開発にかかる費用の一部などを補助してもらえるでしょう。補助の種類は、新しい生活様式への対応に関する事業(A)と、売上向上・環境整備に関する事業(B)の二つのタイプに分けられています。
補助金額は、補助対象経費の2/3です。補助上限は、Aタイプが50万円、Bタイプが20万円までとなっていて、AとBの両方を併用することもできます。詳細は西尾市のホームページをチェックしましょう。
https://www.city.nishio.aichi.jp/covid19/jigyosha/1005261.html

今回のまとめ

西尾市は城下町として栄え、自動産業によって成長を続けてきた町です。豊かな自然に囲まれ、農業や漁業なども盛んで、長い歴史がある場所らしく史跡も豊富にあります。さまざまなビジネスのチャンスが見つけられるでしょう。西尾市で賃貸オフィスや事務所を探している人には、オフィッコスの利用がおすすめです。知識や経験が豊かなスタッフが、理想に合ったオフィス探しをお手伝いしていますので、ぜひ利用してください。