名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.09

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【豊田市】


豊田市は安城市や刈谷市などに隣接し、車の製造が盛んな場所として全国的に知られていますが、実は自動車関連産業以外にも魅力を持った場所です。豊田市へオフィスの引越しを考えているなら、豊田市の特徴を知っておきましょう。助成金や補助金に対しても理解を深めておくと、経営の助けとなります。豊田市の特徴や、活用できる助成金・補助金を見ていきましょう。

【目次】
1.豊田市の特徴
2.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
3.豊田市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

豊田市の特徴

豊田市は、愛知県のほぼ中央部に位置する西三河地方の中心都市です。人口は約42万人、面積は918.32平方kmとなっており、県庁所在地の名古屋市の次に人口が多い特徴があります。自動車関連産業が盛んで、都道府県でもトップクラスの製造品出荷額を誇る「クルマのまち」であり、トヨタ自動車の本社があることで有名です。「環境未来都市」として、公共施設における木材の利用や、車両購入補助金・軽自動車減税により、次世代自動車の普及を目指すなど、さまざまな取り組みが行われています。市域の70%が森林地帯となっていて、米・お茶・梨などの農業が盛んであることも特徴の一つです。
市内には紅葉の名所である「香嵐渓」や、氷の滝が見られる「稲武地区の氷瀑」などがあり、観光事業も展開するなど、多様な魅力を持っています。

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は、国民の生活や事業を支援し、金銭的なサポートをする意味合いで活用されるものです。国や自治体だけでなく、公共団体などからも支給されることがあります。近年では新型コロナウイルス感染症のまん延防止対策のために、必要な備品の購入費や工事費などに対する補助金や、売り上げが減少した企業に対し従業員の人件費を補うための補助金を出すなどしているため、身近で目にすることになった人も多いでしょう。
住んでいる地域や、社会情勢によって、さまざまな種類の助成金や補助金が活用されているのです。申請するには、あらかじめ定められた要件を満たすことが必要となります。事業者に対する補助金は、対象となる経費の内容が、詳細に決められていることがほとんどです。

豊田市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

豊田市では、より質の高い商品・サービスの提供や、よりよい店舗を作るための補助金が活用されています。どんな補助金があるのか、見ていきましょう。代表的なものとして「豊田市個店魅力アップ事業補助金」が挙げられます。豊田市では「新ビジネスおうえん補助金」として、市内で創業し、新しい事業分野への展開を行う事業に対し、クラウドファンディングサイトを利用し、資金調達を行うための補助金を交付しています。
補助対象となる経費は、クラウドファンディング事業者に支払う手数料や募集媒体となるものの制作委託費などです。対象者は、市内で現に事業を営んでいる人や、これからスタートさせようとしている中小企業者となっています。補助率は対象経費の50%で、限度額は15万円までです。ほかにも、店舗の商品の宣伝や、業務の効率化を図るために利用可能な「魅力あふれる店舗創出事業補助金」などの申請ができます。
https://www.city.toyota.aichi.jp/jigyousha/shogyoshinko/1042715.html

今回のまとめ

豊田市は、都市部と農山村が共生するまちとして進化を続けている場所です。新しく事業を始める人や、より魅力的な商品・サービスを提供したいと考えている事業者に対する補助金や支援が充実しているため、要件を満たしている場合は活用しましょう。
オフィッコスでは、専門的な知識を持ったスタッフが、賃貸オフィスや事務所を探している人の手助けをしています。理想に合ったオフィス探しに、ぜひお役立てください。