名古屋の賃貸オフィス・貸事務所探し専⾨の不動産仲介業者(株)オフィッコスの「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2022.09.09

オフィス・事務所をリノベーションする効果や注意点とは


従業員が気持ち良く快適に仕事をするために、オフィス・事務所をリノベーションしてみてはいかがでしょうか。長くいる場所だからこそ、ストレスがなく落ち着く場所にしたいものです。快適な空間であれば、効率良く仕事ができるほか、従業員のモチベーションアップも期待することができます。空間に一歩足を踏み入れたときに、そんな気持ちにさせてくれるような場所も、確かにあるものです。
良い空間であれば、従業員同士のコミュニケーションが円滑になり、出勤したり仕事をしたりするのが楽しいと思ってもらえるようになるかもしれません。それが結果的に会社の大きなメリットになりますし、場合によっては経費を抑えることにも繋がるでしょう。ここでは、オフィスや事務所をリノベーションする効果や注意点について解説します。是非、オフィスのリノベーションについて、一度検討してみてください。

オフィス・事務所のリノベーションの最大の効果はコスト削減

オフィス・事務所をリノベーションすることで得られるメリットは複数ありますが、そのなかでも一番の魅力は、ムダを省いてコストが削減できることでしょう。今いる使い勝手が悪く問題が多いオフィスから、もっと使いやすい場所に引っ越したいと考えている方もいるかもしれませんが、リノベーションしたほうが、結果的にコストがかからない場合も少なくありません。もちろん、引っ越しする場合は、お金だけでなく、時間や手間もかかるものです。こういったことも、リノベーションを行うことで不要になります。
次に、オフィスや事務所をリノベーションすることで得られるコスト削減について、さらに詳しくご紹介します。

設備を新しくすることで効率よく稼働できる

最近では、数年前のものと比較して、コストパフォーマンスに優れた製品が登場してきました。そのため、初期投資は高くても設備を新しくすることで、長い目で見たときにコストが抑えられるということも少なくありません。空調についても同じことが言えます。

部屋の造りを見直すことで効率よく空調が使えるようになる

仕切りによって空調がうまく活かせていない場合、どうしても電気代がかさんでしまいます。空調を効率よく使用するため、仕切りの位置や必要性を見直してみてください。例えば、仕切りを取り除くことで空調が隅々まで行きわたりやすくなることもあります。西向きの部屋であれば、西日をブロックできるように工夫することで、空調にかかる費用を抑えることもできるでしょう。

照明機器を交換することで電気代が抑えられる

照明機器は、多くの場合昔のものよりも現在のもののほうが電気代を抑えられます。オフィスの場合、電気代のおよそ8割~9割が照明やOA機器、空調にかかっているのです。つまり、リノベーションで空調や照明にかかる費用を抑えれば、月々の電気代はぐんと下がる可能性があります。照明をLED照明に変えるだけでも、現在の照明代の10パーセント~半分近くまで抑えられるでしょう。

モチベーションや生産性の向上も実現できる

ごちゃごちゃしたオフィスよりも、余計なものがなくすっきりと片付けられており、ほどよくゆとりがある空間で働くほうが、従業員のモチベーションは上がります。これはオフィスをリノベーションする大きなメリットの一つといえます。快適な空調、使いやすい設備、そしておしゃれで清潔感があるデザインの全てが、従業員のモチベーションにつながっていくのです。当然のことながら、暗くて古くさい印象のオフィスよりも、洗練された明るい空間のほうが心地よく過ごせますし、生産性にも反映されるでしょう。
次に、オフィスをリノベーションして、モチベーションと生産性を上げるためのポイントをご紹介します。

おしゃれなデザインにすることで気分が良くなりイメージも良くなる

オフィスをリノベーションするなら、デザイン性にも力を入れてみてはいかがでしょうか。スタイリッシュな雰囲気にできれば、従業員が気持ち良く仕事できるだけでなく、会社を訪れた取引先にも良い印象を持ってもらえます。「また足を運びたい」と思ってもらえるような心地よい空間で商談することで、良い結果も期待しやすくなるでしょう。
ただし、色の取り入れ方にはご注意ください。あまり多くのカラーを取り入れてしまうと、まとまり感がなく落ち着かなくなり、イメージも悪くなってしまうからです。2~3色でまとめるようにすると、すっきりとした空間に仕上がります。白っぽい色を多く盛り込むと、室内が広く感じられ圧迫感がなくなりやすいといったメリットもあります。また、観葉植物などを適度に取り入れれば、癒しも得られるでしょう。

コミュニケーションが取りやすくなることで雰囲気が良くなる

個人主義と言われることも多くなりましたが、やはり社員の関係は良いほうが仕事はしやすく、生産性も上がりやすいです。オフィスをリノベーションするなら、レイアウトにも注意することをおすすめします。特に、コミュニケーションのしやすさに力を入れたい場合は、従業員が向かい合わせになるようにデスクを配置すると良いでしょう。部署やチームごとに島をつくり作業を進めれば、話がしやすく、移動する時間を省いてサクサク仕事ができます。反対に、チームが背中合わせになるようにデスクを配置して、必要に応じてすぐに集まり相談ができるようにレイアウトするのも良い方法です。
また、デスクは必ずしも従業員それぞれ専用のものを用意する必要はありません。フリーアドレスと呼ばれる、毎日自由なデスクで作業する方法もあります。この方法もコミュニケーションに力を入れたい場合におすすめの方法だと言えるでしょう。その日によって隣に座る人が異なるため、自然にコミュニケーションが取れ、気持ちの上での解放感も期待できます。

一人ひとりが集中して作業ができる空間を設ける

コミュニケーションよりも、一人ひとりが自分の仕事に集中できる空間造りに力を入れたい方もいるかもしれません。この場合は、個別のブースを設けるのもおすすめです。それぞれのデスクをパーテーションで囲い、視覚や聴覚の邪魔が入らないようにすれば、集中して業務を進められます。

使用頻度が多いものはみんなが使いやすい場所に設置する

従業員が頻繁に使用する設備に移動しやすくレイアウトすることで、効率良く仕事ができるようになります。つまり、不要な動線を極力避けられるということです。コピー機などもよく使用する設備ですが、みんなが使いやすい場所に配置することで、ストレスなく使用できます。また、ロッカールームを用意する場合も、動線を考えて使いやすい場所に設置してみてください。入口のそばは、誰もが通る場所で、ロッカールームとして適切です。

動線に注意してレイアウトすることで効率よく仕事ができる

オフィスをリノベーションする場合、あらかじめ動線について慎重に考えてレイアウトを決定することが、何より大事だと言えるかもしれません。人の流れを読み、どういったレイアウトにすれば、人がぶつかりにくくストレスなく動けるか考えることがポイントです。メインの動線を明確にして、他にもう一つ動線を用意するようにレイアウトすると、どんなときでもスムーズに移動ができます。
また、行き止まりをつくらないようにするのもコツです。これは、効率良く移動できるといったメリットだけでなく、火災や地震などが発生した際に、速やかに避難できるかどうかのポイントでもあるからです。当然のことながら、出口周辺に、避難の邪魔になるようなものを配置してはいけません。安全第一で、検討することが重要になります。

消防法への配慮が一番の注意点

オフィスや事務所のリノベーションで、忘れてはならない、絶対に抑えておくべきポイントは消防法です。おしゃれにレイアウトしたり、快適な空間にしたりすることは良いのですが、あくまでも消防法にのっとった方法で進めなければなりません。例えば、消火設備、警報設備、避難設備、消防活動用設備の設置は必須です。また、廊下の幅や窓、パーテーションの種類などについても注意が必要となります。具体的には、廊下の幅は、廊下の両側に部屋がある場合は1.6メートル以上の幅、片側だけに部屋がある場合は、1.2メートル以上の幅が必須です。中に個室を造る場合は、排煙窓、高さがあるパーテーションを取り入れる場合は消火設備が必要になります。これらの変更は、消防署に届け出なくてはなりません。リノベーションが終わった後に、消防署の立ち入り検査が必要な場合もあります。
このように、消防法について理解した上で、オフィスのリノベーションを検討しなければなりません。とはいえ、細かなルールも多いため、理解するのが難しい方も多いと思います。安心安全のためにも、オフィスをリノベーションすることが決まったら、こういったことをきちんと理解しており、実績が多い業者に依頼することが大切です。

今回のまとめ

オフィス・事務所をリノベーションすることで、多くのメリットが得られます。快適で心地よい空間にできれば、従業員は気持ち良く仕事ができるため、生産性も上がるでしょう。また、取引先など他者への印象もアップします。リノベーションすることで、ムダを省いて効率よく移動したり作業できたりすれば、会社にとってもメリットは少なくありません。コミュニケーションを取りやすくしたり、仕事に集中しやすい空間を作ったりすることも可能です。社内のリノベーションを計画するときには、動線をきちんと考えること、消防法に則っているかに十分ご注意ください。

名古屋に本社を構えるオフィッコスは、オフィスや店舗などの賃貸仲介を専門に扱っている企業でございます。2012年の設立以来、多くのお客様からご利用いただき、ご希望に沿える物件をご案内できるよう、日々情報収集に努めております。常時50,000件以上の物件情報を有しており、ホームページに掲載していない情報も多数ございますので、オフィス・店舗の開設や移転を検討されている事業者さまは、まずは一度お気軽にお問い合わせください。

kiji_7 kiji_hojo