名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2022.07.14

社員が喜ぶオフィス・事務所の様々なランチの形とは?


オフィスや事務所でのランチタイムは、社員がホッと一息つける大切な時間です。ランチのための場所によっても充実度や社員同士の親密度も変わってきます。社員食堂を設置すればさらに満足感が高まるとはわかっていても、「提供型社員食堂はコストがかかって実現できない」とあきらめてしまっていることもあるかもしれません。
ここでは、「設置型の社員食堂」についてご紹介します。安価で時間もかからずに社員同士の交流もできる、メリットの多い新しいサービスです。

オフィス・事務所に設置型の社員食堂やカフェがあるとランチが楽しくなる

オフィスや事務所のランチタイムを、どんな風に過ごしている方が多いのでしょうか。「何を食べるのか」と「どこで昼食を食べるか」が、ランチタイムの質を大きく左右するポイントです。ここでは、例を挙げながらご説明します。

自分のデスクで食べる

家から持ってきたお弁当やコンビニで買った昼食などを執務室の自分のデスクで食べる方は、時間のロスがないのでお昼休みをフルに使うことができます。しかし、電話がかかってきたり、仕事が目についたりして、「休んだ気がしない」と感じる人も少なくありません。また、昼食のメニューがワンパターンになりやすく、お腹を満たすだけの昼食になりがちです。人によっては、インスタントラーメンと菓子パンなどといったバランスの悪い食事を続けてしまうこともあります。

近所に外食に行く

昼休みに外出することができるオフィスや事務所であれば、近くの飲食店に食べに行くという過ごし方もあるでしょう。オフィスや事務所から離れることでリフレッシュすることができ、楽しいランチタイムを過ごすことができます。
一方で飲食店に行くまでの距離と注文してから料理が出てくるまでの時間を考えると、昼休みが終わるまでに会社に戻れるかどうか不安を感じて、急いで食べなければならないことも少なくありません。また、昼食にかけられる費用があまり多くない人にとっては、利用できる飲食店や選ぶことのできるメニューが限られてしまうでしょう。

社員食堂や社内のカフェスペースを利用する

オフィスや事務所に社員食堂があれば、安価でバラエティーに富んだ食事を社内で楽しむことができます。ただし、提供型の社員食堂を維持するためには、厨房設備や調理器具以外に食堂のスタッフの人件費もかかるので、導入することが難しい場合も少なくありません。
社内にカフェスペースを確保できれば、毎日業者が配達してくれる配食弁当を利用したり、冷蔵庫から好きなおかずを取り出して温める設置型のスタイルを利用したりして、社内食堂を実現できます。配食弁当は、栄養バランスが考えられていてワンパターンにならない良さがある反面、お弁当を取りまとめる係の人が大変で、急な変更への対応が難しく、余ってしまった場合の処分が大変です。設置型は、自分で好きなおかずを必要なだけ取り出すので、無駄が出にくく手間もかかりません。

設置型なら気軽にランチが楽しめる

オフィスや事務所に設置型の社員食堂やカフェがあると、安価で手軽に栄養バランスの整った食事ができ、選ぶ楽しみもあるためランチタイムが楽しくなります。メニューが決まっているわけではないので好き嫌いがあっても利用しやすく、カフェスペースがあれば、気分転換もできるでしょう。

社員食堂やカフェがあるとコミュニケーションが活発になる

オフィスや事務所でのコミュニケーションというと、どんな場面を思い浮かべるでしょうか。会議や朝礼といった業務に関するコミュニケーションの他に、打ち上げや懇親会などのアルコールが入る食事会も少なくありません。その他にも、社員食堂やカフェスペースでのコミュニケーションが考えられます。では、どのようなメリットがあるのでしょうか。

打ち解けることができる

社員同士が一緒に食事をとる機会が増えると、仕事の話題だけでなく、プライベートなことも話しやすい雰囲気ができます。社員食堂などのスペースは仕事をする空間ではないため、リラックスした状態でより会話を楽しめるでしょう。
食べ物の好き嫌いや料理の作り方、最近見つけたおすすめの飲食店やコンビニスイーツなど、食べ物の話はプライベートな事柄でも抵抗なく話せる内容です。オフィスや事務所では仕事に集中していたい人も、邪魔してしまわないように遠慮している人も、ランチタイムなら気軽に話すことができます。
ランチタイムを活用してコミュニケーションが活性化すると相互理解が深まるので、情報共有やチームワークの向上にも繋がるでしょう。

フリースペースとして活用できる

軽く打ち合わせしたい時や面談を行う際に、デスクサイドや会議室などを使用するオフィスや事務所は少なくありません。立ち話で済む打ち合わせもありますが、社員食堂やカフェスペースを活用して打ち合わせを座って行うことができると、お互いのやり取りを深める体制ができるので疑問や違和感を解消することにも繋がります。ランチタイム以外なら、社員食堂やカフェスペースをフリースペースとして活用できるので、業務上でもより質の高いコミュニケーションをとることが可能です。
ただし、打ち合わせがランチタイムに食い込んでしまわないようにする配慮は、忘れないようにしてください。ランチタイムを前倒しにしたり遅れて昼休みをとっていたりする人がいる時間帯も、社員食堂やカフェスペースを打ち合わせに使ってしまうと、重苦しい雰囲気になってしまうので注意が必要です。

社員が意見を伝えやすい

食べ物に関しての好みは人それぞれなので、自分の好みを人に伝えやすいのもメリットです。社員食堂や設置型の社食などがあると、「お魚の総菜を置いてほしい」「麺類が食べたい」「煮物が食べたい」など、社員からの声も上がりやすくなります。オフィスの方針に関する要望や提案に比べると食べ物に関する提案はハードルが低いので、社員が自分の意見を伝え実現する体験をしやすいことも、コミュニケーションが活発になるきっかけになりうるのです。

オフィス・事務所に設置型の社食サービスを導入することで社員のやる気がアップする

社員のやる気をアップさせる設置型社食サービスとは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、設置型社食サービスと、それがなぜ社員のやる気をアップするのかについて解説します。

設置型の社食サービスとは?

社員食堂があるのは比較的大きな企業ですが、中小企業のオフィスや事務所では利用者数も限られるため導入が難しいかもしれません。そこで最近取り入れられているのが、設置型の社食サービスです。
設置型の社食サービスは、オフィスや事務所に設置されている冷蔵庫や冷凍庫に、お惣菜やスイーツ、飲み物などが入れられていて、社員が自由に取り出して楽しめるサービスです。多くの場合、電子レンジがセットになって置かれていて、温めて食べることができます。料金は無人販売形式が多く、取り出した食べ物の代金を箱などに入れて支払いする他、給与から天引きになる形式など様々です。

低価格で健康によいものを選ぶことができる

会社側から見れば、厨房を用意して人を雇う社員食堂を作るよりも、設置型社食サービスを導入する方がコストはかかりません。社員食堂の代替としての設置型社食サービスは福利厚生の一環として置かれている場合もあり、低価格で食事ができるのが特徴です。社員は安価で自分好みの食べ物を選ぶことができるので、満足度が高まります。

いつでも、好きなものを選ぶことができる

提供型の社員食堂では、ランチタイムを過ぎると食事ができなかったり、食事ができても選べなかったりという場合がほとんどです。ランチタイムに間に合わないほど午前中の仕事が大変だったのに、好きなものを食べることができないのでは、午後からのモチベーションも下がってしまいます。昼食を確保できないと思うと、仕事に集中できない方もいるかもしれません。その点、設置型社食サービスなら、時間を問わずに利用できるので安心です。
また、提供型の社食はランチタイムのみですが、設置型社食サービスなら残業時に夕食として利用することもできます。

社員のリクエストに応えやすい

提供型の社食でメニューを増やしていくことは大変ですが、設置型社食サービスなら社員から食べ物の種類のリクエストがあった際に、対応が簡単です。食べ物の希望がかなえられると、モチベーションも高まるでしょう。

健康管理にも役立つ

「健康や美容のために、野菜サラダやおひたしが食べたい」「スムージーで繊維を摂りたい」などといったリクエストに応えることも可能です。さらに、カロリー表示されていることが多いので、ダイエットのためにカロリーコントロールしたいという場合などでも、食事を選びやすいというメリットもあります。バランスの良い食事で体の調子が整うと、頭も冴えて仕事が捗るでしょう。
配食サービスの中には、サラダやフルーツ、スムージー専門や健康相談サービスもセットになっているものもあります。

移動の時間を使わずに、外食気分を味わえる

オフィスや事務所にカフェスペースがあれば、設置型社食サービスでも外食気分を味わうことができます。移動時間や料理が提供されるまでの時間を気にすることなく英気を養えるので、午後からの仕事にも効果的です。

今回のまとめ

オフィスや事務所のランチタイムの過ごし方のパターンは、自分のデスクで食べたり外食に行ったり、社員食堂を利用したりするなど多岐にわたります。その全てのいいとこ取りをしたのが、設置型の社食です。移動時間などを気にしなくて済み、社員間のコミュニケーションも活発化する上、低価格で健康に良いものを選ぶことができます。社員の体調も整い、やる気もアップすること間違いなしです。食べ物は人を明るくします。社内の活気づくりの一環として、検討してみてはいかがでしょうか。
名古屋に本社を構えるオフィッコスは、オフィスや店舗などの賃貸仲介を専門に扱っている企業でございます。2012年の設立以来、多くのお客様からご利用いただき、ご希望に沿える物件をご案内できるよう、日々情報収集に努めております。常時50,000件以上の物件情報を有しており、ホームページに掲載していない情報も多数ございますので、オフィス・店舗の開設や移転を検討されている事業者さまは、まずは一度お気軽にお問い合わせください。