名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.12.10

オフィスの事務作業を便利にしてくれるツール「jooto」

「jooto(ジョートー)」は、タスクの進捗管理や情報共有が簡単に行えるプロジェクト管理ツールです。チーム全体のコミュニケーション・連携を補助し、業務の効率を大きく向上させることができます。また、カレンダーやチャットツールとの連携も行え、機能性における利便性にも長けているのが特徴です。今回は、そんな「jooto」の主な特徴や機能のほか、ツール導入に際するメリットについて解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
1.「jooto」とは
2.「jooto」の便利な機能
3.「jooto」導入のメリット
4.今回のまとめ

「jooto」とは

「jooto」は株式会社PR TIMESが運営する、クラウド型のタスク・プロジェクト管理ツールです。あらゆる業種で利用できるほか、個人のタスク管理から営業・広報・開発・コンテンツ制作といったチーム全体の業務の進捗を詳細に管理することができます。不動産管理に用いることもでき、実際に利用すれば入居状況や退去手続きの進捗状況などの管理も便利になります。これに限らずとも、各タスクとその進捗が可視化されることで取り組むべき課題が明確になり、効率良くプロジェクトを進行させる可能となるのです。
また、「jooto」にはタスク管理のほかにもコメント機能も備わっており、それによりチーム内のコミュニケーションが活性化し、個々人のモチベーション向上にも期待できます。ツールの利用プランには、無料プラン・スタンダードプラン・エンタープライズプランの3種類が存在し、無料プランではユーザー数4人・使用データ100MBまでといった制限があるものの無料で利用でき、スタンダードプランではユーザー数4人以上・使用データ5GBまでで月々税抜き500円、エンタープライズプランではユーザー数制限なし・使用データ10GBまでで月々税抜き1,300円での利用が可能です。なお、いずれのプランも全ての基本機能を使用することができます。

「jooto」の便利な機能

「jooto」にはタスク・プロジェクト管理だけでなく、多くの便利機能も備わっています。ここでは、それらの機能について見ていきましょう。

データ共有機能

ツール内では、プロジェクトに関するデータの共有も行うことができます。プランに応じて共有できるファイルの容量は異なりますが、これにより資料や業務に関連のある情報をより簡単に共有できるようになるのです。また、ファイルはタスクごとにアップロードできる形となっているため、煩雑に共有されてしまう心配もありません。

外部連携機能

「jooto」には、GoogleカレンダーやSlack・Chatworkといったビジネスチャットツールとの外部連携機能もあります。例えば、Googleカレンダーと連携すれば、タスク・プロジェクトに加えて個人の予定なども反映させることが可能です。
また、チャットツールと連携することで、タスクの更新やコメント等の通知をチャットツール内で受け取れるようになります。

「jooto」導入のメリット

多くの魅力を持つツールであるからこそ、導入に際しては以下のように様々なメリットも得られます。

チームの連携がしやすくなる

各タスクの様々な情報を共有できることで、個々がプロジェクト全体の流れや問題点を明確に把握することができます。また、コメント機能を利用すれば、改善点を指摘し合うなどのコミュニケーションが可能です。
こうしたツールの機能によりコミュニケーションが促進され、結果としてチームの連携も取りやすくなると言えます。チームの連携が上手くとれることで、プロジェクトの生産性や成果の向上にも繋がるでしょう。

課題を明確にできる

担当者と管理者が取り組むべき課題を明確にできるのもメリットです。やるべきことをしっかり認識しておくことで、ミスや課題の対応漏れを防ぐことができます。また、プロジェクトにより緻密な計画性が生まれ成果にも確実性が伴い、不要なトラブルも避けられようになるでしょう。

今回のまとめ

「jooto」は、タスク・プロジェクト管理に役立つツールです。様々な便利機能も兼ね備えており、コミュニケーションの円滑化など多くのメリットももたらしてくれます。チームの連携が上手くとれていないと感じる際には、ぜひ導入を考えてみてはいかがでしょうか。