名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.12.03

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【みよし市】

みよし市は愛知県のほぼ中央に位置しており、西三河地方に属している自治体です。 名古屋市と豊田市の中間にあることから、両市のベッドタウンとして宅地開発が進められています。自動車関連の工場が多く、市内には東名高速道路や国道153号線などの幹線道路が通っています。農業も盛んであり、柿・梨・ぶどうなどが有名です。そんなみよし市では、貸店舗やテナントに対して、補助金・助成金の制度を設けているのでしょうか。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.みよし市の特徴
3.みよし市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金と補助金は、内容が似ている部分もありますが、根本的な目的や管轄が異なるため、相違点の方が多い制度です。助成金の財源は、企業が支払っている保険料であるのに対し、補助金の財源は税金となっています。給付までの流れも異なり、助成金は実施計画の申請から始まり、実施・支給申請・給付という流れで進められます。これに対し、補助金は公募・書類提出・審査・採択・事業実施・支給申請・給付の順に行います。よって補助金は採択されないと給付金を受け取ることができません。
地方自治体が実施する制度では、助成金と補助金の使い分けが若干曖昧なことがありますので、内容をしっかり確認するようにしましょう。

みよし市の特徴

みよし市は、愛知県のほぼ中央に位置している自治体です。愛知県にある「みよし市」はひらがなで書きますが、広島県「三次(みよし)市」および徳島県「三好(みよし)市」などがありますので、検索の際には注意しましょう。名古屋市と豊田市の中間にあたる市域から、ベッドタウンとして宅地開発が行われています。
高速道路や国道などの幹線道路が通っているうえ、豊田市に隣接していることもあり、自動車関連の工場が多数集積しています。また市内には、「あきない通り発展会」という団体があり、飲食店が立ち並ぶエリアを設けています。新しい飲食店が並んでいる、現代風の商店街とイメージしていただければと思います。

みよし市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

みよし市では、「みよし市商工業活性化補助金」の制度を設けています。助成の種類が複数設けられていますが、そのひとつとして、これから新たな事業を始めようとしている法人や個人に対して、改装費や貸借料、機器購入費などを一部補助する制度があります。事業を始めるのに関して、計画書の作成や新規のホームページ開設、看板広告を作るなどの条件が設けられています。また、市内の空き店舗や工場を活用し、新たに事業を行う法人や個人に対しても、改修費や貸借料などの補助が受けられます。
いずれも、事業の実施前に申請をしなくてはならないうえ、商工会または工業経済会への加入が条件です。条件をしっかり確認し、手続きを行いましょう。

今回のまとめ

みよし市で、テナントをお探しの事業者様もしくは個人事業主の方は、ぜひオフィッコスまでご相談ください。オフィスや貸店舗などの仲介を多数手がけており、多くのお客様にご利用いただいております。お客様のご希望に添える物件をご紹介させていただきますので、一度ご連絡ください。お待ちしております。