名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.09.28

全国の貸店舗・テナントの家賃(坪単価)相場【愛知県】


中部地方の中心となっている愛知県は、中京経済圏、中京工業地帯の中心でもあり、全国4位の人口規模です。他都道府県の追随を許さない圧倒的な製造品出荷額を誇る「モノづくり県」であると同時に、農業も大変盛んというバランスの取れた産業構造を有しています。今回は、そんな愛知県内の事業用物件をお探しの方に向け、県庁所在地である名古屋市の貸店舗・テナントの家賃相場を関連情報とともにご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

【目次】
1.愛知県の基本情報と地域ごとの特色
2.愛知県における貸店舗・テナント需要の傾向は?
3.名古屋市(県庁所在地)における貸店舗・テナントの家賃相場は?
4.今回のまとめ

愛知県の基本情報と地域ごとの特色

中部地方に位置する愛知県は、おおまかにいえば県の西半分は平地、東半分は山がちな地形となっています。名古屋市を含む尾張地方、豊田市を含む西三河地方、豊橋市を含む東三河地方にエリア分けされ、方言や慣習などに差が見られます。
愛知県の産業としてなんといってもイメージが強いのは製造業で、実際に1977年以来日本一の製造品出荷額を誇る「モノづくり県」であり続けています。特に西三河地方を中心とした自動車産業はその規模において代表的といえるでしょう。
また、このように製造業ばかりが注目されがちな愛知県ですが、実は各産業がバランスよく発展しており、たとえば農業も大変盛んです。キャベツや大葉、イチジク、フキといった農産品や、菊、洋ラン、バラ、シクラメンなどの花卉類の産出額は国内トップとなっています。第3次産業も、中京圏の中心である名古屋市を擁し、全国有数の人口規模であることから、それにふさわしい規模に発達しているといえます。
交通網の点でも、すべての新幹線が名古屋駅に停車し、複数鉄道会社が乗り入れ、名古屋市内には市営地下鉄の路線が張り巡らされるなど大変充実しています。少なくとも都市部においては不便を感じることは少ないでしょう。

愛知県における貸店舗・テナント需要の傾向は?

愛知県における貸店舗・テナント市場では、やはり人口の集中している名古屋市内の物件の需要が高い傾向です。しかし、西三河地方の豊田市、刈谷市、岡崎市、安城市や、東三河地方の中心である豊橋市、名古屋市近郊の一宮市や瀬戸市、春日井市など人口規模の大きい都市には、名古屋市内ほどではないものの一定の需要があります。

名古屋市(県庁所在地)における貸店舗・テナントの家賃相場は?

愛知県の県庁所在地である名古屋市内の貸店舗・テナントの家賃相場は、概ね坪単価6,000〜8,000円です。ただし、エリアによって家賃にかなり幅があり、ターミナル駅である名古屋駅や金山駅の周辺や、繁華街である栄エリア、人気商店街内などの有利な立地の物件は、坪単価1万円台から3万円台といった辺りが一般的となっています。

今回のまとめ

屈指のモノづくり県である愛知県は、農業大国でもあり、一大商業圏でもあるという、ビジネスチャンスにあふれた地といえるでしょう。県庁所在地である名古屋市のほか、豊田市、刈谷市、岡崎市、安城市といった西三河地方の各都市や、一宮市、瀬戸市、春日井市、豊橋市などにも多くの事業用物件が見つかります。名古屋市内の貸店舗・テナントの家賃相場は概ね坪単価6,000〜8,000円ですが、ターミナル駅周辺や繁華街などに立地する物件の場合、坪単価1万円台から3万円台となる傾向です。エリアによっても家賃にかなり幅がありますので、立地については慎重に検討したいですね。