名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.09.27

全国の貸店舗・テナントの家賃(坪単価)相場【山梨県】

富士山を中心とした山岳観光地や豊富に生産されている果物、良質な水資源を活かした精密機械産業などの印象の強い山梨県ですが、実は人口当たりの外食産業店舗数の多さが際立っている地域でもあります。そんな山梨県内への出店をご検討中の方に向けて、今回は、県庁所在地である甲府市の貸店舗・テナントの家賃相場を、山梨県の基本情報や特色、事業用物件市場の傾向と併せてご紹介していきます。ぜひ物件探しのご参考になさってください。

【目次】
1.山梨県の基本情報と地域ごとの特色
2.山梨県における貸店舗・テナント需要の傾向は?
3.甲府市(県庁所在地)における貸店舗・テナントの家賃相場は?
4.今回のまとめ

山梨県の基本情報と地域ごとの特色

日本列島のほぼ中央に位置する内陸県である山梨県は、富士山を擁する県でもあり、大きな標高差がある中、主な居住地や農業用地は甲府盆地に広がっています。果樹栽培が大変盛んで、とりわけ桃、ブドウ、すももの生産量は国内トップを誇っています。近年では県内産のブドウを原料としたワイン醸造の規模も大きくなっており、日本ワイン発祥の地にしてワイナリー数・生産量も日本一であることから、知事による「ワイン県」宣言も行われました。
地形や気候を活かした産業として、河川の高低差を利用した水力発電所や、日照時間の長さを活用した太陽光発電などがあります。また、富士山や南アルプスの伏流水を水源とした良質な水資源を活かしたミネラルウォーター産業や精密機械産業も発達しています。
山梨県内の第三次産業の特徴としては、対人口比での飲食店舗数の多さが挙げられるでしょう。また、対人口比でのコンビニエンスストアの数も日本屈指の多さです。しかし、百貨店や大型スーパーといった規模の大きい商業施設についていえば、人口比店舗数は全国最下位の少なさとなっています。

山梨県における貸店舗・テナント需要の傾向は?

山梨県内の貸店舗・テナントは、県人口のおよそ4分の1程度が居住する甲府市に多くなっています。しかし、近年では都心部から山梨県への移住希望者が増えており、移住先として特に人気のあるエリアは甲府市に隣接する市や町(中巨摩郡昭和町、中央市、甲斐市など)です。暮らしやすい住環境が評価されているそうしたエリアでは、今後のさらなる街の発展とともに商業施設の充実が見込まれ、物件需要も増加していくと考えられます。

甲府市(県庁所在地)における貸店舗・テナントの家賃相場は?

県庁所在地である甲府市の貸店舗・テナントの家賃は、概ね坪単価6,000〜9,000円辺りが相場となっています。ただし、作りのしっかりとしたビルの1階にある物件などでは、坪単価1万円を超える傾向です。

今回のまとめ

果樹栽培やワイン醸造、富士山や南アルプスの水資源を活かした各産業が発達している山梨県は、富士山をはじめとする山々を擁していることから、住宅地や商業地、農地などは限られた平野部である甲府盆地に集中しています。中でも県庁所在地である甲府市には人口が多く集まっており、貸店舗・テナントの数も多いです。対人口比での飲食店舗数の多さも特徴といえるでしょう。甲府市内の事業用賃貸物件の家賃の相場は坪単価6,000〜9,000円程度となっていますが、条件の良い路面店舗などでは坪単価1万円を超える傾向です。