名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.16

スタートアップ企業向けの補助金・支援金とその手続き【青森県編】

青森県は東北地方に属し、青森市を県庁所在地とする地域です。10市・22町・8村からなり、総人口は約120万人を有し面積は全国で第8位の広さを持ちます。また、三方を海に囲まれ、土地には多くの山岳と丘陵が見られ自然豊かな風土となっているのが特徴です。今回は、そんな青森県におけるスタートアップ企業向けの支援事業についてご紹介いたします。創業補助金・支援金の基礎情報にも触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
1.青森県の特徴
2.スタートアップ企業向けの補助金・支援金
3.青森県で申請可能な補助金・支援金
4.今回のまとめ

青森県の特徴

青森県は東北地方に位置し、青森市を県庁所在地とする地域です。10市・22町・8村で構成され、総人口約120万人・総面積約9,645k㎡を占めており、面積は全国で第8位の広さを持ちます。南には秋田県と岩手県が隣接し、北に津軽海峡・西に日本海・東に太平洋が面しており、三方を海に囲まれるような地勢となっています。また、地域には岩木山・八甲田山・釜臥山をはじめとする多くの山岳や丘陵が構え、自然豊かな風土であるのが特徴です。
そんな青森県の産業では、農林水産業や商工業が盛んに行われております。農業ではリンゴ・モモ・カシスなどの栽培、林業では檜の生産、水産業ではマグロ・ホタテ・イカなどの水揚げが特に盛んです。なお、商工業においては、農産物の加工のほかパルプ工業やセメント工業が主流となっています。ほかにも、青森県には自然の名称や世界遺産が存在し、観光業も賑わっております。

スタートアップ企業向けの補助金・支援金

スタートアップ企業向けの補助金・支援金は、国や自治体で実施される支援事業のことです。対象となる事業を行う企業のみが受けられるもので、事業で発生する経費の一部を概ね数百万円の範囲で補助してくれます。また、融資とは異なり、交付された補助金には返済義務は課されません。ただし、交付を受けられる企業数には限りがあり、申請にあたっては様々な要件を満たし、厳正な審査を通過する必要があります。

青森県で申請可能な補助金・支援金

青森県の産業では農林水産業などが盛んでした。では、そんな地域では、スタートアップ企業に対してどのような支援を行っているのでしょうか?ここでは、青森県の創業補助金・支援金についてご紹介します。

あおもり移住起業支援事業費補助金

あおもり移住起業支援事業費補助金は、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の東京圏から青森県内に移住しつつ、地域課題の解決が見込める社会的事業の起業や事業承継、もしくは第二創業を行う者を対象とした支援策です。最大200万円・補助率1/2の範囲で補助がなされ、対象経費は人件費・設備費・外注費等になります。なお、地域課題の解決が見込める事業は、具体的には環境関連・子育て支援・社会福祉関連等の事業になります。申請は、あおもり産業総合支援センターへ各種書類を提出することで行えます。

地域再生中小企業創業助成金

地域再生中小企業創業助成金は、地域再生分野の事業を行う法人または個人事業を対象とした支援策です。創業における経費の一部を補助するもので、その金額は創業・雇入支援対象者5人未満で最大300万円、5人以上で最大500万円となります。なお、いずれも補助率は対象経費の1/2までです。ちなみに、青森県の地域再生分野は飲食料品とその他の小売業・飲食店が該当します。また、申請は事業所を管轄するハローワークにて行えます。

今回のまとめ

青森県は農林水産業や商工業が盛んな地域でした。そして、そんな青森県の創業補助金・支援金には、主にあおもり移住起業支援事業費補助金・地域再生中小企業創業助成金が存在しました。創業補助金・支援金を受けるには、様々な要件と審査をクリアする必要があります。交付の確率を少しでも上げるためにも、万全の準備を整えてから申請を行うようにしましょう。