名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.15

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【あま市】


あま市は愛知県北西部に位置する自治体です。商業施設が多い一方で自然豊かな環境にもあることから、住みやすい街として評価が高いあま市は、事業者がオフィスを開くのにもおすすめです。そこで今回は、あま市で事業者向けに実施されている補助金制度を紹介します。賃貸オフィス・事務所の費用に活用できる補助金制度があるかどうかも解説しますので参考にしてください。

【目次】
1.あま市の特徴
2.あま市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.あま市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

あま市の特徴

あま市は愛知県北西部にあって、名古屋市・清洲市・津島市・稲沢市・愛西市などと接しています。あま市では、甚目寺駅・七宝駅・木田駅という3つの名鉄津島線沿線駅が利用可能。名古屋駅方面に加え、中部国際空港へも好アクセスです。名古屋に近いため、古くからベッドタウンとして人気があり、市内随所に住宅街が広がっているのが特徴です。あま市は2010年に海部郡七宝町・美和町・甚目寺町が合併して発足した自治体ですが、地域自体の歴史は古く、弥生時代の遺跡が発掘されているほどです。
また、あま市の特産品として全国的に名高い「七宝焼」は安土桃山時代に端を発したとされる焼物です。金属素地にガラスの釉薬をかけて焼かれる七宝焼は、艶やかさと華やかさを持つ繊細な作風が特徴。七宝焼の体験教室などを開催している七宝町の「あま市七宝焼アートヴィレッジ」は、市内外から観光客や陶芸ファンが訪れる人気スポットとなっています。一方、あま市は農業・工業もさかんで、産業構造が好バランスである点も特徴です。市内には、運送・食料品製造・電気設備など、幅広い有力企業が拠点や工場を置いています。

あま市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

あま市では、愛知県信用保証協会制度融資のひとつ「小規模企業等振興資金」によって融資を受け、なおかつ信用保証料を一括で支払った事業者に対して、その保証料の一部を補助する制度を実施しています。上限金額20万円の範囲で、返済期間が3年以内であれば信用保証料の50%、3年を超える場合には30%を補助してもらうことが可能です。市内に住所および事業所がある法人・個人で、市税を滞納していないなどの要件を満たす方が交付対象となっています。
また、あま市では、市内での創業をサポートするための「あま市の創業支援等事業」に取り組んでいます。所定の創業支援事業者が行うセミナーに規則どおり参加しノウハウを身に付けた方は、特定支援事業を受けたという証明書を発行してもらうことが可能です。この証明を受けた方は、市税に滞納がないことや、あま市商工会への入会などの要件を満たしていれば、「あま市創業補助金」を交付してもらえます。ほかにも金融面でのメリットがたくさんあるので、あま市での創業を希望する方は、申請を検討してみてはいかがでしょうか。

あま市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

あま市では、現在、賃貸オフィス・事務所の費用にあてることのできる助成金・補助金制度は実施されていません。テナントの改修費・家賃といった経費が圧迫されないよう、県の制度融資にかかる信用保証料の補助金制度や創業支援事業など、現行の制度を上手に活用してみましょう。

今回のまとめ

あま市は伝統的な地場産業である「七宝焼」人気はもちろん、名古屋やセントレアへのアクセスの良さなど、東海エリアで事業を行う方にとって魅力の多い街です。あま市で新たにオフィスを借りてみたい、あま市に事務所移転したいなどという希望がある場合には、名古屋周辺の賃貸オフィス事情に精通した「オフィッコス」まで、ぜひ一度お問い合わせください。オフィッコスは常時5,000件以上の物件情報を持ち、お客様それぞれの条件に合うオフィス・事務所を親身になって紹介させていただきます。賃貸オフィス選びに失敗したくない方は、オフィッコスへご相談ください。