名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.14

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【清須市】

織田信長のお膝元として全国的に知られる清須市は、多くの名所旧跡・神社仏閣がある歴史深い街です。今回は、暮らすのにも事務所を構えるのにもおすすめの清洲市で、事業者が受けることのできる補助金・助成金制度を紹介します。賃貸オフィスの経費に活用できる補助金制度が清洲市にあるのかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.清須市の特徴
2.清須市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.清須市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

清須市の特徴

清洲市は、愛知県の北西部に位置します。鉄道ではJR・名鉄各線が乗り入れ、JR東海道線清洲駅から名古屋駅までは8~9分と好アクセス。一方、道路では名古屋第二環状自動車道・名古屋高速6号清須線のほか国道22および302号線といった交通網が延びている地域で、どこへ行くにも便利である点が大きな特徴です。令和3年6月現在の人口が約69,000人の清洲市。もともとは、西枇杷島町・清須町・新川町を合併し2005年に発足した自治体ですが、歴史が古く、由緒正しい土地柄であるのも大きな特徴といえます。
市内には、織田信長が天下統一を果たした名城・清洲城がそびえるほか、信長公の銅像が見られる清洲公園といった観光名所があります。ほかにも、清洲宿本陣跡正門・洪福山清凉寺など、かつて宿場町の中心となっていた貴重な建物も多数観光資源となっています。
このように観光名所の多い清洲市は、サービス業・小売業・商業施設が多く、第三次産業が主要な産業です。他方で、食料品・機械・電子機器・紡績など、製造業者も幅広く本拠地や工場を置いています。なお、特産品は全国的に知名度の高い日本酒「鬼ころし」です。

清須市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

清洲市では、融資制度「小規模企業等振興資金」を利用する事業者のうち、清洲市内に住所か主たる事業所を置いている方に、この融資にかかる保証料の一部を補助する制度を実施しています。補助率は融資額によりますが、いずれも補助金の上限金額は20万円です。小規模企業等振興資金は、事業規模に応じて額が異なる融資制度ですが、運転資金・設備資金にあてられる低利融資で、愛知県信用保証協会の信用保証がついていることが融資を受ける際の条件となっています。

清須市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

清洲市では、現在申請することのできる賃貸オフィス・事務所に関する補助金および助成金の制度はありません。新型コロナウイルス感染拡大の影響による休業等の協力金については、随時申請を受け付けていましたが、申請には期限があります。ただし、清洲市ではコロナ禍の影響でさまざまな悩み・課題を抱える中小企業・小規模事業者に対し、無料窓口を予約制にて開設しています。資金繰りに関する悩みについては、公的支援制度の活用を前提に、専門家が相談に応じてくれます。
補助金・助成金以外にも経営改善・向上に向けた対策が見つかる可能性もあるので、興味のある方は清洲市の産業課商工観光係まで相談されてみてはいかがでしょうか。

今回のまとめ

清洲市は観光業も製造業もさかんで、名古屋へも好アクセスな自治体です。名古屋に取引先の多い事業者や観光・サービス業者の方々がオフィスや事業所を開くのにもおすすめの土地柄といえるでしょう。もし清洲市で賃貸オフィス・事務所・店舗を探したい場合は、物件情報を豊富に持ち、それぞれのニーズを満たすオフィス探しを手伝ってくれる業者に仲介を依頼するのがベストです。
「オフィッコス」は、名古屋と名古屋周辺の賃貸オフィスに詳しい仲介専門会社。清洲市でのオフィス探しを思い立ったら、ぜひオフィッコスまでお気軽にお問い合わせください。