名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.14

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【愛西市】

2005年に現在の名称が生まれた愛知県愛西市。新しい自治体のようですが、この地域の歴史は深く、名所・旧跡も豊富な街です。今回は、そんな愛西市の事業者が受けられる補助金・助成金制度について紹介します。愛西市にオフィス移転などを検討している方や、愛西市には賃貸オフィス・事務所に関する補助金があるのかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.愛西市の特徴
2.愛西市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.愛西市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

愛西市の特徴

愛西市は文字通り愛知県の最西部に位置する自治体です。木曽川を挟む形ではありますが、岐阜県にも三重県にも接しているほか、県内では津島市・稲沢市・あま市などと接しています。愛西市は2005年、海部郡佐屋町・佐織町・立田村・八開村を合併して誕生した市で、令和3年6月現在約62,000人の人口を有します。名鉄線を使えば、市内勝幡駅から名古屋駅は最短でおよそ30分、弥富経由なら40分~50分程度で、名古屋への通勤・通学圏内。名古屋のベッドタウンという側面もあります。
一方、愛西市の主要な産業として挙げられるのが農業。中でも全国屈指の生産量を誇るのがレンコンです。愛西市ではレンコンやその他の名産野菜を通じた新たなグルメ・商品開発に注力しており、販売まで含めた第6次産業化や食育にも積極的に取り組んでいます。また、愛西市は織田信長ゆかりの街でもあり、数々の歴史的名所に恵まれているほか、相ノ川や船頭平閘門(せんどうひらこうもん)などの桜の名所も人気が高いなど、観光資源も豊富です。

愛西市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

愛西市では、福祉サービス事業に従事する法人事業者に対し、支援金制度を実施しています。これは、新型コロナウイルス感染流行下において、事業が停滞していた福祉サービス業者や事業を縮小せざるをえなくなった福祉事業者を対象とした支援金・準備金です。この支援金は新型コロナ感染対策費用としてのサポートで、施設の月間利用者が10名以下の法人には10万円、11名以上の法人には20万円支給されます。
一方、愛西市介護予防・生活支援サービス事業費補助金を交付されることが決まっている法人には準備金として2万円が支給されます。なお、支援金・準備金いずれも、愛西市の人件費補助を受けていないことが給付の条件です。

愛西市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

愛西市では、事業者が申請できる賃貸オフィス・事務所関連の助成金・補助金制度は現在実施していません。ただし、愛西市商工会では、愛知県が実施している各種補助金制度・融資制度や政府系融資制度の紹介・相談などを行っています。また、同会では、金融についての相談以外にも、創業・事業継承・経営改善・税務・労務・法務など、経営に関するあらゆる相談ができます。
なお、相談に乗ってもらったり支援を受けたりするには、愛西市商工会への入会が必要です。経営について課題や悩みがある場合は、ぜひ入会を検討されてみてはいかがでしょうか?

今回のまとめ

愛西市は木曽川・長良川が流れ、桜の名所も多い環境の良好な自治体です。比較的新しくできた市ですが、土地の歴史は古く、見所もたくさんあります。そんな愛西市にオフィスを開きたい方は、東海エリアの賃貸オフィス事情に精通する「オフィッコス」まで相談されることをおすすめします。
オフィッコスは、常時50,000件以上の事業用賃貸物件を掲載しているほか、オフィス移転・開設についてのノウハウを豊富に備えた事業用賃貸物件のプロです。愛西市で自社に最適なオフィスを見つけたい方は、まず一度オフィッコスまでお問い合わせください。