名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.06.25

愛知県の市別賃貸オフィス・賃貸事務所の家賃(坪単価)相場【田原市】


愛知県の南端部、渥美半島に位置する田原市は、温暖な気候や豊かな自然、半島先端にある伊良湖岬などの景勝地でよく知られています。そのため、一般的には観光地としてのイメージが強い同市ですが、実は県内屈指の製造品出荷額等を誇る地域でもあるのをご存知でしょうか。今回は、そんな田原市に賃貸オフィス・賃貸事務所を借りる場合の家賃相場を、田原市の事業用賃貸物件市場の状況などと併せてご紹介していきます。

【目次】
1.田原市の特徴
2.田原市の賃貸オフィス・事務所市場
3.田原市の賃貸オフィス・事務所の移転ならオフィッコスへ
4.今回のまとめ

田原市の特徴

太平洋に突き出るように伸び、西側にある知多半島とともに両側から三河湾を囲む渥美半島。同半島のほぼ全域を占めている自治体が田原市です。半島の先端にある伊良湖岬(いらごみさき)に青い海を背景にして建つ真っ白な灯台は観光スポットとして大変有名ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
伊良湖港からは、向かい合う志摩半島の鳥羽(三重県)までを1時間弱で結ぶ定期船が就航しており、観光ルートとなっています。三方を海に囲まれているため潮干狩りや海水浴、磯釣りといった海のレジャーが盛況なほか、温暖な気候を活かしたハウス栽培も盛んで、イチゴ狩り、ミカン狩り、メロン狩りなどが観光客に人気です。また、海だけでなく山地もある、豊かな自然に恵まれた風光明媚な地です。

田原市の賃貸オフィス・事務所市場

自然美に恵まれた観光地であり、豊川用水の水資源やハウス栽培向きの温暖な気候を活かした農業も大変盛んな地域ですが、大規模な臨海工業地帯を擁してもいるのが田原市です。自動車生産工場や鉄鋼メーカーの工場などが進出しており、県内トップクラス、全国的に見ても屈指の製造品等出荷額等を誇ります。また、強く吹く風を利用した風力発電や開けた臨海部を活用した大規模太陽光発電も活発で、再生エネルギー産業が集積されています。自動車関連企業や再生エネルギー分野ビジネスを手がける企業にとっては特に好適地といえるでしょう。
交通面の留意点としては、JRや名鉄は通っておらず、隣接する豊橋市の新豊橋駅から延びる豊橋鉄道渥美線が市内を通っているもののその区間は豊橋市寄りのごくわずかな距離であることが挙げられます。コミュニティバスを含むバス路線もありますが、本数やカバーするエリアが限られているため車移動が基本となる地域といってよいでしょう。そのため都市部のような賃貸オフィス・事務所の駅近エリアへの集中は田原市内では見られません。家賃相場は坪単価5,000円前後で、駅徒歩圏という条件がつくと家賃が一気に高くなるといった傾向もあまり見られません。

田原市の賃貸オフィス・事務所の移転ならオフィッコスへ

オフィッコスは、オフィス賃貸を専門とする不動産仲介業者です。創業以来培ってきた豊富な知見や情報網を活かして最適な物件選びをサポートするだけでなく、入居後のトラブルに関するご相談などのアフターフォローも万全な体制を整えています。田原市の賃貸オフィス・事務所をご検討の際には、ぜひオフィッコスにお任せください。

今回のまとめ

田原市は観光や農業が盛んな土地柄ですが、臨海工業地帯に支えられた製造業の規模も大きく、また、太陽光発電や風力発電といった再生エネルギー産業の集積も注目されています。賃貸オフィス・事務所の家賃相場は坪単価5,000円前後です。豊かな自然環境を享受しながら取引先に至近の立地を実現可能な田原市でのオフィス・事務所開設をお考えなら、オフィッコスにぜひご相談ください。