名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.05.31

オフィス・事務所の風水「運気が上がる玄関の向き」とは


風水では、住宅でもオフィスでも、玄関(エントランス)は人でいうところの顔に当たる部分。そして、すべての気を中に招き入れる入口です。そのため、建物全体の運気に大きく関わってくる要所として重視されています。つまり、言い換えれば、玄関という限られた場所への配慮だけでも運気がアップする可能性があることに他なりません。
今回は、運気が上がる玄関のいくつかある要素のうち、「向き(方角)」について見ていきましょう。

【目次】
1.オフィス・事務所の玄関におすすめの「運気が上がる向き」は?
2.業種によっては運気が上がる玄関の向きは?
3.今回のまとめ

オフィス・事務所の玄関におすすめの「運気が上がる向き」は?

方角にはそれぞれ司るものがあります。また、業種によっても吉となる向きは変わってきますが、ここでは一般的に運気が上がるとされている玄関(エントランス)をご紹介します。

南東を向いた玄関

南東向きの玄関は一般住居でも吉相とされており、事業用の建物としての観点からは、来客に恵まれやすい玄関として位置付けられています。代理店、士業の事務所、飲食店、小売店など、多くの来客を期待する来店型のオフィスや事務所にはとりわけ適しているといえそうですね。
南東は香りと好相性の方角ですので、アロマディフューザーやインセンスなどで心地よい香りを漂わせるのもおすすめです。

西を向いた玄関

風水では、西はお金が流れ込んでくる方角と捉えられているため、玄関を西向きにすると金運に恵まれると考えられています。言うまでもなく、会社を運営していく上でお金は欠かせませんので、金運向上を望める西向き玄関はオフィス向きといってよいでしょう。
ただしその一方で、西はお金が入ってきやすいと同時に出ていきやすい方角であるともいわれますので、その点には十分に注意したいですね。

東を向いた玄関

朝日が昇る方角である東は、新しい発想や企画などにつながり、新しい情報や人が入ってくる方角であるとされています。そんな東を向いた玄関は、特に新商品や新情報など鮮度の高い事物を扱う業種の会社にぴったりなのではないでしょうか。
また、東は音と好相性な方角ですので、きれいな音の鳴るドアチャイムなどを扉につけるとなお良いでしょう。

南を向いた玄関

風水の考え方に基づけば、旺気(良い気)は温かくカラッと乾いた場所に入ってきます。そのため、陽の良く当たる南向きの玄関は、広く吉と受け止められています。南は強いパワーを持ち、人気運や名誉運、芸術運などを司る方角ですので、華やかさや賑やかさ、個性などが鍵となる類の業種の会社には特に適しているといえるでしょう。

業種によっては運気が上がる玄関の向きは?

上記でご紹介した向き以外は職場の玄関に適していないというわけではありませんが、一部の方角を向いた玄関は業種を選ぶようです。

北を向いた玄関

静けさをイメージさせる方角である北を向いた玄関は、落ち着いて仕事に向き合う必要のある研究室やアトリエなどにはむしろ適しているといえますが、多くの来客で賑わうことが望まれる業種にはふさわしくないと考えられます。
また、人間関係に関する運気が下がりやすいともいわれるのが北向き玄関です。採光や照明を工夫するなどして明るく温かいイメージとなるようにすれば、そうしたダメージを軽減できるといわれていますよ。

北西を向いた玄関

北西は一家の長や企業のトップなどを象徴する方角であると考えられています。そんな北西を向いた玄関は、高品質な製品やサービスを扱う業種、本物志向を売りにする会社などに適しているといえます。反対に、安さや手軽さが特徴の商品・サービスを扱っている会社やお店にはあまり向かないといえるでしょう。

今回のまとめ

運気が上がる玄関の向きで一般的なのは、南東向き、東向き、南向き、そして金運に恵まれるといわれる西向きです。北向きや北西向きの玄関も、業種によっては適しているといえるでしょう。オフィス物件選びに際して「玄関がどちらの方角を向いているか?」も検討材料の一つとしてみるとよいかもしれませんね。