名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.10.14

名古屋市緑区の賃貸オフィス市場の特徴と賃料の相場

緑区は名古屋市16区のうちの一つです。南区や天白区に隣接しており、市内で最も多い人口を誇っています。全体的に平坦な地形で住宅の多い地域となっていますが、大型の商業施設も見られ繁華街として賑わうところも見られるのが特徴です。また、その地名の通り、都市でありながら緑地などの自然も残されております。今回は、そんな緑区の賃貸オフィス市場についてご紹介いたします。緑区の特徴にも触れておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
1.名古屋市緑区の特徴
2.名古屋市緑区の賃貸オフィス・事務所市場
3.名古屋市緑区の賃貸オフィス・事務所の移転ならオフィッコスへ
4.今回のまとめ

名古屋市緑区の特徴

緑区は名古屋市の行政区の一つです。同市の南区や天白区に隣接するほか、愛知県内の日進市・豊明市・大阪市・東海市・東郷町に隣接しています。人口約25万人・面積約37k㎡を有し、市内で最も多い人口数を誇ります。地形は東部に緩やかな丘陵が見られるものの全体的には平坦なものとなっており、地域には都市の街並みが形成されているのが特徴です。
なお、建物としては一般住宅が多くを占め、有松駅・大高駅・徳重駅・鳴海駅などの一部の駅周辺にはショッピングセンター等の商業施設が設けられ、繁華街・歓楽街が形成されております。また、地域には緑地のほか天白川・扇川・大高川といった河川も見られます。そのほか、緑区には東海旅客鉄道・名古屋鉄道・名古屋市交通局の鉄路、名古屋高速道路・中日本高速道路・愛知県道路公社などの主要道路が通い、交通の要衝を担う側面も持っております。そんな緑区では、観光スポットとして大高城跡・有松町が有名です。大高城跡はかつて大高城が建てられ、桶狭間の戦いの前哨戦の舞台に選ばれた場所です。現在は史跡公園として整備されているものの、本丸・二の丸・曲輪などの遺構も残されており、歴史的な価値の高さから一帯が国の史跡に指定されています。有松町は、東海道沿いの古い町並みを残す地域です。桶狭間の戦いが行われたことで知られ、歴史的背景と風情ある町並みから日本遺産に指定されています。

名古屋市緑区の賃貸オフィス・事務所市場

緑区の賃貸オフィス物件は、2021年8月現在で約50件が確認できます。主に有松・鳴海地域や鳴子北駅周辺に集中しており、賃料は3〜100万円までの価格帯となっています。坪単価における価格帯は概ね4,000円〜1万円で、その相場はおおよそ7,000円です。なお、この相場は名古屋市最大のビジネス街となる名駅周辺地域と比べれば、比較的低い水準と言えます。具体的な物件を挙げると、例えば坪単価約4,000円の物件には築34年・2階建/1〜2階・使用面積99.00㎡のものがあり、坪単価約1万円の物件には築5年・3階建/2階・使用面積41.46㎡のものが見受けられます。
参考までに、前者の物件は鳴海駅から徒歩9分の場所に位置し、後者の物件は中京競馬場前駅から徒歩3分の場所に位置し飲食店等の出店も可能です。ちなみに、緑区ではスーパー・ショッピングセンター・家電量販店・ディスカウントストアなど、様々な企業の商業施設が展開されています。

名古屋市緑区の賃貸オフィス・事務所の移転ならオフィッコスへ

オフィッコスでは、緑区をはじめとする名古屋地域の賃貸オフィス物件を専門に取り扱っております。常時5万件以上もの物件情報を揃えており、お客様のご希望に沿った物件のご提案が可能です。また、必要であれば、未公開の物件のご紹介もさせていただきます。移転にあたっては手厚いサポートも行っておりますので、緑区での移転をお考えの方もぜひお気軽にオフィッコスにご相談ください。

今回のまとめ

緑区は一般住宅が多くを占める住宅街でしたが、一部には商業施設が立ち並ぶ繁華街も見られる地域でした。そんな緑区には約50件ほどの賃貸オフィス物件が見受けられ、坪単価の相場は概ね7,000円と名古屋市の相場としては比較的低いものでした。その上で人口が多く交通が至便で、自然が豊富に見られる特徴もあります。オフィスを構える環境としては好ましい条件が揃っていると言えますので、あとはじっくりと自身の希望に合った物件を探してみてください。