名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.23

スタートアップ企業向けの補助金・支援金とその手続き【岡山県編】


岡山県は中国地方に属し、岡山市を県庁所在地とする地域です。15市・10町・2村からなる地域であり、人口約190万人を有しております。中国山地の山岳地帯とカルスト地形が見られるほか、瀬戸内海にも面する自然豊かな風土を持っています。今回は、そんな岡山県におけるスタートアップ企業向けの補助金・支援金に着目してご紹介いたします。また、地域の主な産業などにも触れております。ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
1.岡山県の特徴
2.スタートアップ企業向けの補助金・支援金
3.岡山県で申請可能な補助金・支援金
4.今回のまとめ

岡山県の特徴

岡山県は中国地方に位置し、総人口約190万人を有する地域です。面積は約7,100k㎡を占めており、15市・10町・2村の自治体で構成されています。土地には、標高1,000mを超す蒜山や後山などの中国山地とカルスト地形が見られ、面積の多くが山林に覆われております。また、地域の南部には瀬戸内海が面しており、複数の島も存在します。
そんな岡山県では、農業や水産業といった第一次産業のほか、第二次産業では精油・製鉄・自動車製造等の工業、第三次産業では医薬品製造やIT情報通信業などが盛んです。なお、農業では養鶏をはじめ、米やブドウ・モモなどの果物の生産が多くなっており、水産業ではメバル・イイダコ・カレイの水揚げや海苔・牡蠣の養殖が盛んに行われております。

スタートアップ企業向けの補助金・支援金

岡山県の主な特徴や産業に触れてきましたが、そもそもスタートアップ企業向けの補助金・支援金とはどういったものなのでしょうか。スタートアップ企業に向けた支援は、実は都道府県に限らず国や市区町村、民間団体などでも実施されております。それぞれで支援の対象となる事業内容や詳細は異なりますが、該当すれば返済不要の補助金を受け取ることが可能です。なお、受け取れる補助金額も支援策ごとに異なり、概ね数十万円から数百万円ほどになります。
とはいえ、補助金を受け取るにあたっては、必要な情報の開示や審査を通過しなければいけません。確実に受け取れるわけではないため、この点には注意が必要です。ちなみに、自治体や支援団体の支援策には、補助金・支援金以外にも、融資や起業ノウハウを学ぶセミナーなどもあります。

岡山県で申請可能な補助金・支援金

岡山県と補助金・支援金の基礎についてご紹介しました。では、気になる岡山県の補助金・支援金にはどういったものが設けられているのでしょうか?ここでは、岡山県のスタートアップ企業向けの補助金・支援金を見ていきましょう。

地域課題解決型起業支援事業

地域課題解決型起業支援事業は、県内で創業・事業承継・第二創業する人を対象とした支援策です。県が定める事業内容に限り、最大200万円・補助率1/2までの範囲の補助金が交付されます。なお、事業内容に関しては、創業の場合は社会性・事業性・必要性が見込めるもの、事業承継や第二創業の場合はSociety 5.0およびAI等の活用によって地域の活性化に繋げられるものになります。補助対象となる費用は人件費・設備費・外注費等であり、手続きは各種書類の提出と審査を経て完了となります。

岡山県エンジェル税制

岡山県エンジェル税制は、スタートアップやベンチャー企業への投資をした投資家に対し、税制上の優遇措置を行う支援策です。直接的には企業への支援は行われませんが、この支援により投資家による資金調達が潤滑になる効果が期待できます。なお、申請を行った投資家は、投資時点と売却時点での所得税の減税を受けることができます。

今回のまとめ

岡山県は自然豊かな風土を持ち、第一次産業をはじめとする様々な産業が盛んな地域でした。そんな岡山県には、地域課題解決型起業支援事業・岡山県エンジェル税制といった、スタートアップ企業に対する支援策が設けられていました。調達した資金額によって事業の安定性が左右されることもありますので、岡山県での創業を考えているのであれば、ぜひご紹介した支援策を活用してみてください。