名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.20

スタートアップ企業向けの補助金・支援金とその手続き【石川県編】

多くの名所・名産品や伝統工芸などを有する石川県は、幅広い業種の事業者の方にビジネスチャンスのある土地柄です。石川県での起業を検討するなかで、行政のサポート体制が知りたくなったという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、石川県がスタートアップ企業向けに実施している補助金・支援金制度を紹介します。今後石川県でオフィスを探したい方なども参考にしてください。

【目次】
1.石川県の産業の特徴
2.石川県のスタートアップ企業向けの補助金・支援金
3.石川県の事業者が申請可能な補助金・支援金
4.今回のまとめ

石川県の産業の特徴

石川県はさまざまな産業が活発であり、産業構造の層の厚さ、またそのバランスの良さを特徴とします。農業ではコシヒカリをはじめとする米作を中心に、野菜・花き栽培もさかんです。また、同じ第一次産業では、漁業・林業も古くから有力な産業として知られており、漁業ではとくにスルメイカ・ブリ類の水揚量が多く、林業では広大な森林地を生かしスギ・アテの生産が豊富。
一方、石川県といえば、機械製造や食料品製造といった製造業も主力産業です。さらに、輪島塗・金沢箔・九谷焼・金沢漆器・加賀友禅といった伝統的工芸品も根強い人気を誇る地場産業といえます。国指定・県指定をあわせた伝統的工芸品36品目をはじめ、名産品・名所旧跡など、石川県には観光資源が多い点が特徴的です。このような風土から観光業も安定的に活況を呈しており、小売・サービス業も含め、幅広い業種の事業者が活躍できる自治体となっています。

石川県のスタートアップ企業向けの補助金・支援金

石川県では、「起業支援金」と称した補助金制度を実施しています。これは、東京の一極集中を避ける目的をもった取り組みで、東京23区に5年以上暮らしていたか通勤していた人が石川県に移住して所定の期間に開業した場合に支給してもらえるものです。この補助金は店舗設備費等に充てられるもので、補助率は2分の1、補助額は最大で200万円。しかも、補助金交付だけでなく、開業時の課題解決に対するサポートもあるのが特徴です。手続きのための公募要領などは、石川県産業創出支援機構のホームページ上でダウンロード可能です。
また、石川県では創業支援専用のサポートデスク設置や専門家の無料派遣などを通じて、スタートアップ企業のサポート体制を整えています。ほかにも、スタートアップ企業向けのコンテストやスタートアップ予備軍のためのセミナーなど、起業家や創業まもない事業者への多角的な支援事業が豊富です。

石川県の事業者が申請可能な補助金・支援金

石川県では、さまざまな課題を抱えた事業者に対し、数多くの補助金制度を導入しています。たとえば、新しい分野への業務転換・事業再編などに挑む中小・中堅企業をサポートするための「事業再構築補助金」は、要件を満たす中小企業なら費用の3分の2を補助してもらうことが可能です。
また、環境課題に取り組む事業者への支援も厚く、「いしかわ工場・施設版ISO環境推進事業補助金」では、温室効果ガス削減に貢献する省エネ設備等の導入に対し、最大300万円の補助金が支給されます。これは石川県内にある中小企業等の施設・工場を対象とするもので、県独自の補助金制度です。ほかにも、テレワークのためのITツール導入費用を最大450万円補助する「IT導入補助金」など、テレワーク関連の補助金制度も複数整備されています。

今回のまとめ

石川県はあらゆる産業が活発で、行政から事業者への支援体制もたいへん手厚い自治体です。創業を目指す人や創業間もない人へのサポートも充実しており、いろいろな分野のスタートアップ企業がオフィスを開設するのにおすすめのエリアといえるでしょう。