名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.05.17

全国の賃貸オフィス・賃貸事務所の家賃(坪単価)相場【高知県】


四万十川や龍河洞などの美しい名所や、カツオ・マグロ・ブリといった海の幸で知られる高知県。その温暖で過ごしやすい環境は、事業の拠点とするにもうってつけです。そこで、今回は高知県の賃貸オフィス・事務所の家賃相場を紹介します。高知県で事業を行う人が受けられる公的サポートについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.高知県の産業・経済における特徴は?
2.高知県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?
3.高知県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度
4.今回のまとめ

高知県の産業・経済における特徴は?

高知県は11市17町6村からなる県で、主要な産業は農林水産業や建築業です。農業は高知全域で発達していて、きゅうり・なす・ピーマンなどは、規模の大きい産地が散見されるほか、露地野菜栽培も幅広く行われています。また、漁業ではカツオ漁が有名ですが、マグロやブリ・アジ・サバも豊富に水揚げされます。
そして、農業・漁業と並び発展しているのが建築業です。ただし、これは民間工事の数の多さではなく、公共工事の多さが要因となっているようです。高知県は、製造業のウエイトが他県に比べて高くない一方、小売・卸売業、宿泊・飲食・サービス業が産業構成比では大きな割合を占めます。そうはいっても、製造業でも幅広い業種が高知の経済を支えているのが実情で、中でも一番シェアが高いのが食料品製造業です。続いて、窯業・土石製造業とパルプ・紙・紙製品製造業の順番となっています。
高知県は人口における高齢者層の割合が高いエリアです。労働の担い手や事業の後継問題などの課題はありますが、そのような背景から介護サービスへのニーズが高まり、保健衛生・社会事業が伸びている現状もあります。

高知県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?

高知県は、県庁所在地の高知市を中心に賃貸オフィス・事務所が豊富にあります。とくにJR高知駅周辺や「とさ電交通市内線」沿線駅周辺などでは、幅広い規模の事業用テナントが見つかります。家賃は坪単価2,500円~9,000円が主な価格帯。こうしたオフィスエリアの物件の中には、坪単価10,000円~13,000円程度のテナントも見受けられますが、高知県全体で見ると、坪単価3,500円~4,000円ほどが平均的です。

高知県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度

高知県の公益財団法人「高知県産業振興センター」では、事業戦略・経営革新・eコマースといった事業者が抱える課題に対するセミナーや研修を開催しています。県内のあらゆる事業者は、商品企画のポイントや販路拡大についてのノウハウを学ぶ機会を定期的に得ることが可能です。
また、高知県ならではの試みに「高知e商人養成塾」と「土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)」があります。前者は、ネットショップに特化した勉強会で、熟練者を講師に迎え、講義を受けたり同じようにネットショップ経営を頑張る仲間と交流を図ったりすることができます。また、後者の土佐MBAは、経営戦略・マーケティング・財務・組織マネジメントなどを学べる本科、同じメンバーで複数の演習的講座を受ける実科、より専門的な講義でスキルアップを図る専科の3つのコースで構成されています。さらに、これらの講座の中にも入門・基礎・応用と3タイプがあり、個々のレベルに合わせた受講が可能です。入門編以外は料金がかかりますが、価格は良心的です。土佐MBAはこれまでに28,000人もの人が受講した実績を持ちます。

今回のまとめ

高知県は起業・創業を目指す人に対し、幅広くきめ細やかな取り組みを行っている県です。賃貸オフィスや事務所も高知市を中心に多くの候補の中から選ぶことができます。オフィスを構えたり会社を立ち上げたりする予定のある方は、ぜひ高知県内で素敵な物件を探してみてください。