名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.05.17

全国の賃貸オフィス・賃貸事務所の家賃(坪単価)相場【福岡県】


九州の玄関口でありながら九州エリアの経済拠点である福岡県。バランスの良い産業構造を持ち、どんな業種でも大きなビジネスチャンスに出会える可能性を秘めた県といえます。そこで今回は、福岡県の賃貸オフィス・事務所の家賃相場を紹介します。福岡県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい公的サービスもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.福岡県の産業・経済における特徴は?
2.福岡県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?
3.福岡県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度
4.今回のまとめ

福岡県の産業・経済における特徴は?

福岡県は九州エリアの中では面積こそ小さいものの、人口や総生産においては大きなウエイトを占める九州の要です。福岡県には、経済はもちろん、文化・行政の施設や機能が集まっており、第3次産業のシェアが高いものの、第1次産業・第2産業もそれぞれさかんです。農業では、生産量全国1位を誇る洋ラン・種苗・苗木や、第2位のいちご・キウイフルーツ、3位の小松菜など、さまざまな農作物を豊富に生産しています。一方、筑前海・有明海などに接する好環境の下、マダイが全国トップクラスの水揚げ量となるなど、漁業もさかんです。
また、幅広い製造業も福岡県の経済を支えています。製造品出荷額で大きな割合を占めているのは輸送用機械ですが、それ以外にも、食料品製造、鉄鋼業、飲料・たばこ、金属、化学といった各製造業がそれぞれに発展しています。
そもそも福岡県は、福岡・北九州・筑前・筑豊という4つの地区に分けられ、製造業ひとつとっても地域ごとに特徴があります。福岡地区は経済・文化・行政の中枢であり、第3次産業が主要な産業です。北九州では、すぐれた技術力を持つ基礎素材型産業やロボットをはじめとする加工組立型産業が発達しています。筑前地区は、かつて大規模な石炭の産出地でしたが、現在では時代の流れとともに台頭してきた自動車関連産業が主要産業です。さらに、物流の要所として機能している筑豊地区は、全国区の人気を持つ大川家具に代表される家具製造やゴム製品の製造が有名です。

福岡県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?

福岡県は、県庁所在地である福岡市博多区を中心として、賃貸オフィス・事務所がたいへん豊富です。博多区の天神・赤坂・大名といったエリアでは、洗練された大規模なオフィスも多く、物件によっては家賃が坪単価20,000円を超える場合もあります。福岡県全体で見れば、坪単価4,500円~5,000円程度が平均的といえるでしょう。

福岡県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度

福岡県では、県内で起業・創業したい人や事業を立ち上げた人に対し、段階的に細やかなサポートを実施しています。たとえば、福岡市では、まだはっきりと創業について決めていない人でも、創業の段取りについてわかりやすく学べるよう、ハンドブックを作成。起業に関する相談が気軽にできる「スタートアップカフェ」も便利です。
さらに、起業後に生じる課題や悩みに応じてくれる相談機関も設置されているため、フェーズごとに専門的な内容の相談ができます。融資や助成など資金面のサポートも充実しています。

今回のまとめ

観光・遊興地としての魅力に溢れる福岡県ですが、あらゆる産業が発展しており、ビジネスエリアとしても活気のある自治体です。賃貸オフィス・事務所・店舗は、立地・規模などの条件によっては高めの水準となりますが、テナントの数もたいへん多いので、賢く探せば、ニーズに合う物件を探すことができるでしょう。予算に合う家賃のオフィスを探すことも大切ですが、まずは自社がオフィス・事務所に求める条件を洗い出してから物件探しをすることが大切です。