名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.05.15

全国の賃貸オフィス・賃貸事務所の家賃(坪単価)相場【山口県】


萩・津和野や国内でも指折りのスケールを誇る鍾乳洞「秋芳洞」等、見どころ豊富な名所のほか、ふぐ・瓦そばといったグルメなど、魅力的な観光資源が多い山口県。実はものづくり県としても有力なビジネスにも強い自治体です。今回は、山口県の賃貸オフィス・事務所の家賃相場についてご紹介します。山口で起業・創業を考えている方の参考になる内容となっています。

【目次】
1.山口県の産業・経済における特徴は?
2.山口県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?
3.山口県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度
4.今回のまとめ

山口県の産業・経済における特徴は?

山口県は、工業・農林水産業・商業ともにバランス良く発展してきた地域ですが、現在の主力産業は製造業といえます。卸売・小売業もたいへんさかんで、従業者数でいえば製造業を上回るほどのシェアとなっています。主要な産業である製造業の中では、重化学工業がもっとも有力です。とくに化学工業、輸送用機械器具製造業、石油製品・石油製品製造業、鉄鋼業、ゴム製品・金属製品製造業といった業種は国内有数の出荷額で、山口県の製造業全体の7割近いシェアを占めるほどです。これは昭和初期に石炭業・電気事業が台頭し、輸送手段が発展したことで大企業が山口県に多く流入してきた実績が背景にあるといいます。近年、山口県の1事業所あたりの製造品出荷額は例年トップクラスであり、工業における不動の地位を築いているといえます。
また、ふぐをはじめとする水産業、ぶどう・なし・わさび・れんこんに代表される農業も経済を支える重要な産業です。さらに、山口県では今後さらに加速することが予想される情報通信業にも注力しており、企業間交流や若い人材の育成にも力を入れ、各産業の連携を促しています。未来型の産業の創出に前向きな山口県は、製造業だけでなく通信業・IT業の起業にも適した土地柄なのです。

山口県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?

山口県は、県庁所在地である山口市をはじめ、下関市・宇部市などのオフィスエリアに賃貸事務所が豊富です。山口県全体で見ると、賃貸オフィス・事務所は家賃3,000円~8,000円程度の坪単価が目立ちます。平均すれば坪単価3,000円~4,000円といったところでしょう。テナントのニーズが高い下関市では、築年数に関係なく坪単価10,000円以上のオフィスも散見されます。

山口県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度

山口県では、県内の産学金官が一体となり、創業・起業したい人を支援する「山口創業支援事業計画」という協議会を発足させ、産業の創出に積極的に取り組んでいます。山口市内には実に47か所もの相談窓口があり、所定回数以上の相談を行った対象者を「特定創業支援事業」と認定しています。認定された創業者は、受講後にさまざまな特典が付与されます。具体的には、登録免許税の減免、信用保証枠の別枠化制度を利用できるという心強いものです。
また、最近では、JR新山口駅に直結するビル内に産業交流スペースを設置しているため、起業を目指す人達の交流のほか、事業計画やマーケティング・財務等の課題についてもサポートを受けることができます。

今回のまとめ

山口県は豊かな自然、美しい名所旧跡、国内屈指の製造業の実績などがあり、居住地としても起業・創業する場所としても魅力的な地域です。創業者に対しての公的サービスも豊富。企業だけでなく、小規模な飲食店・サービス業などの開業にもきめ細やかなサポートが望め、若い人や女性の起業も増加傾向です。賃貸オフィスの家賃相場は比較的低水準なので、オフィスや会社の立ち上げを検討している人は、ぜひ理想の物件を探してみてください。