名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.05.13

全国の賃貸オフィス・賃貸事務所の家賃(坪単価)相場【三重県】


三重県は日本列島の中心部にあり、豊かな自然や観光資源はもちろん、幅広い産業によって栄えてきた魅力溢れる県です。そんな三重県で起業したり事務所を構えたりすることを考えている方のために、ここでは三重県の賃貸オフィス・事務所の家賃相場についてご紹介します。三重県の事業者が受けられる公的な支援体制などについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.三重県の産業・経済における特徴は?
2.三重県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?
3.三重県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度
4.今回のまとめ

三重県の産業・経済における特徴は?

三重県は、南北に長い地形が特徴的です。最も北部に位置する北勢エリアは桑名市・いなべ市を含み、三重県の経済の中枢となっています。伊賀市・名張市が所在する伊賀エリアは関西圏の文化も色濃い地域です。関西へ通勤する住民も少なくありません。そして、県庁所在地である津市のある中勢エリアは、三重県の政治・行政の中心地です。ほかにも、自然豊かな東紀州エリア、伊勢神宮や鳥羽水族館といった人気観光スポットを有する伊勢志摩エリアがあります。
三重県は時代ごとに特徴的な産業構造を見せてきた自治体です。戦後は繊維産業で復興し、高度経済成長期には石油業が飛躍的に発展しました。さらに、その後は電気機械や自動車などの組み立て加工業分野が成長しました。その流れを組み、現在ではIT関連の液晶・半導体製造を手がける大企業が大きく経済を支えています。
ほかにも温暖な気候を生かし、果物を中心とした農業や総生産量全国7位を誇る漁業など、幅広い地場産業が見られます。

三重県の賃貸オフィスは坪単価いくらが相場?

三重県で賃貸オフィス・事務所を借りる場合は、坪単価3,700円~4,100円程度の家賃を想定しておくといいでしょう。家賃目安は地域によっても異なりますが、全体的に見た家賃水準は平均的に坪単価4,000円前後です。なお、三重県のなかでも代表的なビジネスエリアである県庁所在地の津市や、商業・経済の中心地である四日市・松阪両市などでは、坪単価7,000円~12,000円程度の賃料がかかる物件も珍しくありません。
ちなみにオフィス探しでは、家賃以外の条件も重要です。物件の近隣に駐車場があるかどうか、希望通りの設備や環境があるかどうかなどについても、現地でしっかりと確かめてからオフィスやテナントを契約するようにしましょう。

三重県で事務所を借りて事業を行う人が知っておきたい制度

三重県では、地域活性化や雇用促進を見据え、中小企業経営者や創業者への支援を行っています。特徴的な取り組みとして挙げられるのが「とこわかMIEスタートアップエコシステム事業」です。この取り組みは、三重県内で起業する人を対象に、支援機関・金融機関をはじめ、先輩の起業家やクリエイティヴ人材との交流を図るものです。いわば経験者から創業者へのノウハウ伝達などができるネットワークであり、経験の浅い事業経営者にとっては利用価値の高い試みといえるでしょう。
また、これに関連して、事業計画やピッチのブラッシュアップ講座、海外市場・インバウンドビジネスを視野に入れる創業者に向けた講習会なども実施。学生などの若者、女性、Iターンの起業家への支援も行っています。

今回のまとめ

三重県の賃貸オフィスは、家賃の高い物件と手頃な物件との間に開きがありますが、平均としては坪単価4,000円前後を見ておきましょう。三重は液晶・半導体製造や水産業・観光業といった現在主力の業種だけでなく、幅広い産業で発展してきたエリアです。新たな事業を県内で展開する起業家や事業経営者、移住者を歓迎し、県をあげて支えています。中部圏・関西圏のどちらへも近く、両圏を足がかりに事業展開したい方にも最適。ぜひ三重県で自社ニーズに合う事務所を見つけてください。