名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2020.10.08

オフィス・事務所の賃料・坪単価の相場(池下駅エリア編)

オフィスに対してどのような要素を求めるのかは、人によって異なります。「設備の充実度が1番」という方もいれば、「利便性のよさが最優先」という方もいるでしょう。中でも、特に重要で賃料への影響も大きいのが立地・エリアです。
ここでは、池下駅エリアの賃料・坪単価の相場や、オフィスの賃料を決める要因について解説します。

【目次】
1.池下駅エリアの坪単価は、20坪~30坪で6,500円
2.池下駅エリアは生活しやすい街。アクセスも良好
3.駅との距離や物件の状態が賃料に影響する
4.今回のまとめ

池下駅エリアの坪単価は、20坪~30坪で6,500円

まずは、池下駅エリアの賃料の相場を知っておきましょう。オフィスの規模によって分けると、坪単価は以下のようになっています。
20坪~30坪:6,500円
30坪~50坪:1万3,000円
50坪~100坪:8,500円
30坪~50坪の物件の坪単価が目立って高く、この規模の物件の人気が非常に高いか、条件のいい物件が多いことがわかります。ただ、全体的に相場は安めです。20坪~30坪の物件で比較すると、オフィス街として有名な伏見駅エリアでは1万3,000円、名古屋駅エリアに至っては1万5,500円という高値をつけています。したがって、名古屋市でとにかく安いオフィスを探している場合、池下駅エリアの物件は候補に入るでしょう。とはいえ、これだけだとなぜ安いのか理解できず、どのような街なのか不安を覚える方もいると思われます。
以下の項目では、池下駅エリアの特徴や、賃料に影響を与える要素について見ていきましょう。

池下駅エリアは生活しやすい街。アクセスも良好

池下駅は、名古屋市営地下鉄東山線の主要駅の1つです。名古屋を代表する繁華街・歓楽街である、今池駅の1つ東に位置します。東山線を使うと、今池と並ぶ繁華街である栄駅までは乗り換えなしで約7分、名古屋駅までは約12分で到着できる距離です。隣接する今池駅からは環状線に、2つ先の千種駅からはJRにも乗り換えられるため、名古屋の中心から多少離れてはいるものの、アクセス良好といっていいでしょう。
駅の周辺は、深夜まで営業しているスーパーマーケットや飲食店、病院なども多く、生活の利便性が非常に高いのが特徴です。周辺に4つの商店街もあるので、買い物に不自由することはありません。駅のすぐ南には千種区役所もあるため、行政上の手続きをしに行くのにも便利です。
さらに、特徴的な施設としては、2009年に完成した複合施設「ナゴヤセントラルガーデン」があります。この施設の関係をきっかけに、池下はおしゃれな街として注目されており、再開発を進める動きもあるのです。オフィスを構えれば、企業のイメージアップにつながることでしょう。

駅との距離や物件の状態が賃料に影響する

池下駅周辺は魅力的なエリアですが、それにしては賃料の相場が安いと感じる方もいると思われます。オフィスではないことも原因の1つと考えられますが、より大きな理由と推測されるのが名古屋駅からの距離です。一般的に、利便性の高い主要駅から離れれば離れるほど、賃料は安くなる傾向になります。池下駅は、乗り換えなしとはいえ名古屋駅まで電車で12分かかり、路線も1つしか通っていないため、賃料が安くなっていると考えられるのです。実際にはむしろ交通の便がいいので、お得感のあるエリアといえるでしょう。
とはいえ、同じ池下駅エリアの物件でも千差万別なので、しっかり比較検討しなければなりません。ポイントは、物件の築年数や設備です。築年数が新しく、セキュリティや共用設備が充実している物件は、それに合わせて賃料も高くなります。逆に、古い物件や木造の物件は、耐久性や耐震性で劣る代わりに賃料が安くなるのです。もちろん、規模の大きな物件になればなるほど、それに比例して賃料はアップします。自社に適した物件を選ぶためにも、必要な設備や面積を調べておき、条件に優先順位をつけておきましょう。

今回のまとめ

オフィスに対していい条件を求めれば求めるほど、それに比例して賃料も高くなっていきます。予算には限りがありますから、すべての要望を満たす物件を見つけるのはなかなか難しいものです。「池下駅エリア」という条件が動かせないのであれば、他の要素を削らなければならないこともあるでしょう。なるべく多くの候補を見つけ、じっくりと比較検討してください。