名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.10.18

愛知県の市町村別貸店舗・テナントの家賃(坪単価)相場【豊橋市】


豊橋市は東三河地方の中核都市として発展した都市です。交通の要衝として欠かせない場所であり、有利な地理的条件のもとに発展を続けています。昭和30年代から臨海工業地帯の整備が進み、工業が著しく発展したことで有名です。中でも、豊橋港周辺はさまざまな業種に関連した工業地域として、発展を続けています。愛知県内でも人口が集中している都市の一つであり、商業をする上で有利な条件にあるといえるでしょう。貸店舗やテナントの家賃相場や、今後の動向などを紹介します。

【目次】
1.豊橋市の基本情報
2.豊橋市の貸店舗・テナントの家賃相場
3.豊橋市における貸店舗・テナントの今後の動向
4.今回のまとめ

豊橋市の基本情報

愛知県南東部に位置する都市で、人口は約37万人、面積は261.91平方kmです。中央部に市役所や吉田城があり、豊橋駅周辺に商業地区が広がっています。東は静岡県、西部は三河湾、南部は太平洋に接しています。北部には石巻山があり、柿をはじめとした桃やイチゴなどの果樹栽培が盛んです。まちの南にある農地は戦後に開拓されたもので、全国トップクラスの農業産出額を誇ります。
三河港を中心に臨海工業地帯が形成され、造船・金属・自動車・機械・電気などの産業が行われていることが特徴です。ドイツの化学メーカーやヨーロッパの自動車メーカーなどの、外国企業も進出しています。世界各国の輸入車が陸揚げされる場所としても知られ、例年、30万台前後の輸入車が豊橋から日本各地に出荷されることで有名です。自動車産業だけでなく筆や刺子などの伝統工芸品が、地場産業として根付いています。中でも、豊橋筆は高級筆として知られ、全国の約7割のシェアがあります。

豊橋市の貸店舗・テナントの家賃相場

豊橋市の貸店舗やテナントの家賃相場は、物件によってさまざまです。坪単価4000円程度から2万円程度まで、幅広い貸店舗があります。東海道新幹線の停車駅である豊橋駅周辺は商業施設が発展し、多くの需要が見込めることから賃料は高い傾向です。立地や築年数によって変わってきますが、都心部に近づくほど賃料は高くなり、豊橋駅周辺の築浅物件の場合20坪前後の物件で坪単価が2万円近いものもあります。豊橋駅から徒歩圏内の場合、1~1万5000円程度の価格帯が中心です。敷金も物件ごとにさまざまで、半年~1年分の賃料となっている場合もあれば、3カ月分程度となっている場合も珍しくありません。

豊橋市における貸店舗・テナントの今後の動向

豊橋市では2000年以降に「豊橋市中心市街地活性化基本計画」を打ち出し、中長期的なまちづくりをしています。郊外に出店する大型店が増加するとともに既存の商店街の将来性が心配され、大型店同士の競争も激しくなっていることが特徴です。市は商業やサービス業を活性化させるための取り組みや、休日の歩行者を増やす取り組みなどに力を入れています。空き店舗数の減少を目指し、商業者や商店街への支援を積極的に行っているのです。
市が発表している豊橋市の人口の推移を見ると、昭和30年代ごろから右肩上がりに伸び、平成27年以降の人口は約37万人台をキープしています。今後も大きく人口が下降することはないと見られ、貸店舗やテナントの坪単価が大きく下がる可能性は低いでしょう。ほかの多くの都市と同じように、少子高齢化をどのように攻略していくかが重要な課題です。

今回のまとめ

豊橋市は商業や工業が発展したことにより、人口を伸ばしてきました。愛知県内でもトップ5に入るほど人口が多いことで知られます。商業の中心地は豊橋駅周辺となっていて、徒歩圏内にある貸店舗やテナントの坪単価は1~1万5000円程度です。郊外へ行けば、もっと安く借りられる物件も多く見つかるでしょう。商業やサービス業を活性化させるための中長期的な取り組みが行われ、商業者や商店街への支援も積極的に行われているので、今後も貸店舗やテナントの坪単価が大きく下がることはないと考えられます。