名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.05

事務所移転でいただいたお祝いのお返しには何が良いの?


事務所移転に当たり花などのお祝いの品をいただいた場合、どのようにお返しすればよいのでしょうか?結婚祝、入学祝、出産祝といったメジャーなお祝いであればおおよその見当はついても、ビジネス絡みの事務所移転祝いに対するお返しとなるとよくわからないということは少なくないでしょう。そこで今回は、事務所移転のお祝いをいただいた相手へのお返しについて、その必要性の有無や送り方、相場、おすすめの品をご紹介します。

【目次】
1.事務所移転のお祝いにお返しは必ずしも必要ではない?
2.事務所移転祝いのお返しをする場合の送り方や相場は?
3.事務所移転のお祝いのお返しにおすすめの品は?
4.今回のまとめ

事務所移転のお祝いにお返しは必ずしも必要ではない?

事務所移転にお祝いをいただいた場合、お返しを贈ることは一般的ですが、実はマナーとして必須というわけではありません。祝ってくれた相手との関係性によってもお返しするかしないかの判断が変わってくる部分もあります。事務所移転を祝ってくれるのは取引先やクライアントだけとは限らず、友人・知人や親族ということもあるでしょう。傾向として、取引先やクライアントに対してはお返しの品を贈るケースが目立つようですが、これは今後も良好なビジネス関係の継続・発展をお願いしたいという気持ちが根底にあるからと考えられます。

事務所移転祝いのお返しをする場合の送り方や相場は?

前述のとおり事務所の移転祝いに対するお返しは必須ではありませんが、贈るのであれば早いに越したことはなく、目安としては1週間以内に贈るのが望ましいといえるでしょう。移転直後の慌ただしさにまぎれ遅くなってしまうとしても、ひと月以内には贈りたいところです。
通常、移転祝いの品には熨斗(のし)と水引の印刷された掛け紙や封筒が使われているはずです。それに対するお返しの品にも同様に慶事用の掛け紙(いわゆる熨斗紙)を用います。表書きは「御礼」もしくは「内祝」とします。なお、品物にはお礼状を添えるのを忘れないようにしましょう。
また、お返しの品はいただいたお祝いの概ね半額程度とする「半返し」が一般的です。3分の1程度でよいとする考え方もありますが、半返しであればまず間違いないということでより安心といえそうです。

事務所移転のお祝いのお返しにおすすめの品は?

ひと昔前にはお返しの品が「会社の発展の程を示す品」と考えられていたような側面もあり、かなりの予算を投じて用意した社名入りの立派なアイテムを贈るのが一般的でした。しかし、何事も簡素化・合理化の進む今日では、プライベートでの内祝などにも利用されるような菓子折りや日用品、カタログギフトなどが贈られることも珍しくなくなりました。社名入りのアイテムを贈るにしても以前ほど大仰なものではなく、普段使いしやすいものが好まれる傾向です。相手に気を遣わせることのないほどほどに手軽なものという基準で適宜選ぶのがおすすめです。なお、事務所移転祝いの品としては問題のない現金や商品券ですが、お返しの品として利用するのは失礼に当たるため避けるのがマナーとされています。

今回のまとめ

業務拡大などによる事務所移転はおめでたいこととされ、取引先やクライアントからのお祝いの品が届けられます。こうしたお祝いに対するお返しは、必ずしも必要とはされていませんが、贈る場合には早めに、できれば1週間以内、遅くともひと月以内に贈るようにしましょう。品物の価格は「半返し」を目安とするのが安心です。ひと昔前のような社名入りグッズにこだわる必要はなく、相手も気を遣わなくて済むような手軽な品が喜ばれるでしょう。なお、お返しの品に現金や商品券は避けるべきとされている点に注意が必要です。事務所移転後の良好なビジネス関係の継続と発展を願う気持ちをこめ、相手に喜んでもらえるような品を贈りたいですね。