名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.05.31

オフィス・事務所の風水「東・南東に置くと運気が上がるもの」とは


オフィス・事務所のレイアウトなどで風水を取り入れている人は多いのではないでしょうか。風水は方角が重要な意味を持ち、それぞれの方角に合っているものを置いていくというものです。
今回は、東・南東の風水における意味から、置くと運気が上がるものまでご紹介していきます。開運のポイントと東・南東のラッキーカラーもお伝えしますので、オフィスで風水を取り入れる際の参考になさってください。

【目次】
1.風水での東・南東の意味とは
2.東・南東に置くと運気が上がるもの
3.東・南東における開運のポイント
4.今回のまとめ

風水での東・南東の意味とは

東はチャレンジ精神、元気旺盛、明るさを表しています。高いエネルギー、パワー、活力の源になるような方角で、若さの象徴です。オフィスにおいても、東の方角に若い人のデスクを配置すると、会社運自体がアップするでしょう。もし、企画や情報を扱う仕事であれば、デスクを東向きにするとアイデアが生まれやすくなるかもしれません。

東・南東に置くと運気が上がるもの

東・南東は情報を司り、仕事運や、人が成長・発展する運などに関わりがあるとされています。東は太陽が昇ってくる方角なので、明るいエネルギーに溢れ、ビジネスにおいては出世を意味する方角です。そのため、東側はごちゃごちゃと物を置くのではなく、すっきり整理させておくのがいいとされています。常に掃除をし、清潔感のあるきれいな気が流れ込むようにしておくといいでしょう。東・南東は風に乗って縁が舞い込む方角と言われていますので、窓があるとより効果が高まります。

東に置くと運気が上がるもの

東に置くと運気をアップさせることができるものは、「赤いもの」です。風水では東の方角に、明るく人目を引くような、赤色のものを飾ると運気がぐんぐんアップすると言われています。赤色を基調としたビビットで印象的な絵などを飾るのがおすすめです。また、情報に関連した、テレビやFAX、プリンターなどの通信機器があると良い情報を得られるでしょう。

南東に置くと運気が上がるもの

南東は「木」の性質を持つ方角なので、観葉植物を置くのもいいでしょう。生きているものを周りに配置することで心が癒やされ、仕事で良いパフォーマンスを発揮することができます。
また、オフィス・事務所で欠かすことの出来ない「電話」も南東に置くのがおすすめです。人間関係を円滑にし、良い縁を呼び込むことができるでしょう。南東は別名「風の方位」と呼ばれ、うまく整えることができると、良い人材や様々な仕事に関する良縁を呼び込んでくれます。

東・南東における開運のポイント

東・南東という方位は、風の流れによってたくさんの良い縁を運んできてくれるというのが特徴です。そのため、風を連想できるような状態にしておくのがいいでしょう。物を積み重ねるのではなく、整理してスペースを作っておくイメージ、窓があれば薄いカーテンがそよぐイメージで空間を作ります。
また、もし悪臭が発生した場合、会社全体に流れ込んで悪い気が停滞してしまうため、よくありません。常に清潔に掃除をし、風通しも良くし、良い気と香りが流れ込んでくるようにしておきましょう。

東・南東のラッキーカラー

東のラッキーカラーは「深緑」で、成長中のみずみずしい木を表しています。この色を活かすためには、柔らかいアイボリーやベージュ、黄緑などのオフィスインテリアを配置するのがいいでしょう。朽ちた木を連想してしまうような茶色や黄色は使わないほうがいいです。また、赤いものを置くと運気が上がると言われています。
南東のラッキーカラーは、東の深緑よりも明るい「黄緑」です。オフィス・事務所に良いエネルギーを呼び込む方角なので、暗い色やくすんだような色のものは配置しないようにしましょう。

今回のまとめ

今回はオフィス・事務所で、「東・南東に置くと運気が上がるもの」をご紹介しました。東・南東は風に乗って良い話や縁を運んでくれる方角です。清潔に保ちつつ、運気がアップできるアイテムを配置して、ビジネスを発展させていきましょう。