名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2020.10.13

業種別で紹介!オフィスの空間デザインで大切な3つのポイント「メーカー」編

メーカーは、私たちが日常生活や仕事で使っている、さまざまな商品を開発しています。業務の範囲は企業ごとに異なり、加工や組み立てをすべて自社で行っている企業もあれば、一部の工程だけを手掛けている企業もあるでしょう。いずれの場合も、従業員が働きやすい環境を作らなければなりません。今回は、メーカーのオフィス作りで大切な3つのポイントについて解説します。

【目次】
1.生産性を高められるオフィスを考える
2.自社製品をアピールできるようにする
3.ショールームで商品を見せられる環境
4.今回のまとめ

生産性を高められるオフィスを考える

メーカーは、製品の生産と販売が仕事です。そのため、どうしても工場などの生産スペースに注力しがちですが、それ以外のスペースもしっかりと確保しなければなりません。いい製品を開発・販売するためには、会議や商談も重要だからです。
まず、製品を生産するためのスペースは、機能性に優れている必要があります。たとえば、小さな部品を製造しているなら、明るい照明で製品を見やすくしなければなりません。異物の混入を防ぎ、清掃をしやすくするために、シンプルな形状も求められるでしょう。毎日徹底して清潔な空間を作り上げれば、品質の高い製品を安全に作ることができます。
また、広めの会議スペースも用意されていると便利です。ある程度以上の規模の企業なら、製造工程ごとにスタッフが集まり、ミーティングをする機会も多いでしょう。いつでも会議ができるよう、なるべく複数の会議スペースを確保しておくのがおすすめです。
さらに、来客用のスペースはシックなデザインで統一しましょう。といっても、シンプルすぎる空間は好ましくないので、適度にインテリアを配置して居心地の良い空間を演出してください。場所はエントランスの隣や入口近くだと、お客様を案内しやすく便利です。もしオフィスの奥に来客用スペースがある場合は、通路に自社製品を展示するといい印象を与えられます。

自社製品をアピールできるようにする

メーカーにとっては、自社製品の宣伝も重要な仕事となります。そこで、オフィスを訪問する方に自社製品をアピールできるよう、エントランスやロビーにさりげなく設置してみましょう。製造の過程や実際の用途などを見られるように展示すると、さらに印象も良くなります。パネル展示をしてみてもいいかもしれません。
もちろん、見栄えよく展示をするためには、適切なスペースを確保する必要があります。無理に展示をしてしまうとごちゃごちゃした感じになり、逆に会社のイメージを悪化させかねません。空いている場所に適当に配置するのではなく、小さくても立派な「展示場」を作ることが大切です。

ショールームで商品を見せられる環境

メーカーのオフィスは、ショールームを設けている場合も多いと思われます。ショールームでは、実際の商品を見て触って、体験できる環境を整えなければなりません。お客様を案内しやすくするためにも、場所はなるべくオフィスの近くか、少なくとも交通の便のいい場所がおすすめです。うまく活用できれば、お客様や他社の社員から貴重な意見が得られ、その後の商品開発に役立つでしょう。
また、セミナーの開催もできる環境なら、商品をアピールする絶好の機会になります。そのため、できる限り広いスペースを設け、セミナールームなども設置しておくといいでしょう。セミナーを通じて交流を深め人脈作りをすることで、よりよい意見を聞ける可能性も高まります。

今回のまとめ

メーカーが優れたオフィスを作ることができれば、生産性が向上しコスト削減も見込めます。そのためには、従業員の意見を積極的に取り入れるのがおすすめです。製品の生産はもちろん重要ですが、時にはオフィス作りに目を向けてみてはいかがでしょうか。結果として、よりよい製品作りに結びつくかもしれません。