名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2022.05.20

スライディングウォールとは?オフィス・事務所に設置するメリットと種類を紹介


近年、スライディングウォールを設置しているオフィスを多く見かけるようになりました。スライディングウォールとは、「可動式パーテーション」あるいは「可動間仕切壁」のことです。結婚式や展示場などではよく見かける設備ですが、スライディングウォールはオフィスのレイアウトやデザイン、用途などの面においても多くのメリットが得られるでしょう。
今回の記事では、スライディングウォールの基礎知識や設置するメリット、スライディングウォールの種類・素材別の特徴を解説します。

スライディングウォールとは

スライディングウォールとは、室内空間を手軽に仕切ることができる可動式間仕切りのことです。天井に設置されたレールに仕切りを取り付けることで、移動できるようになっています。レールを滑らせるだけなので、力のない女性でも簡単に動かすことが可能です。仕切りに使われる素材は、ガラス、スチール、木製など多岐にわたります。
オフィスを借りる場合、「できるだけ開放感のあるオフィスにしたい」という事業者の方は少なくありません。スライディングウォールが設置されているオフィスであれば、ひとつの広々とした空間を用途や目的に応じて自由に区切ることができ、同時に開放感を維持することが可能です。

スライディングウォール付きのオフィスを実現する方法

スライディングウォール付きのオフィスを実現したい場合、スライディングウォール付きの物件を借りる、スライディングウォールをあとから工事して取り付けるとい2つの選択肢が主な方法です。

スライディングウォール付きのオフィスを借りる

不動産会社(仲介業者)に相談すれば、スライディングウォール付きの物件を紹介してもらうことができます。同じスライディングウォール付きのオフィスでも、細かい条件に合わせて探してもらうことも可能です。例えば、「より開放感のあるオフィスが希望なので、ガラス張りのスライディングウォール」「温かみのあるオフィスにしたいのでウッドのスライディングウォール」と要望を伝えることができます。

あとから工事をして取り付ける

スライディングウォールが最初から設置されている物件ではなく、「物件を借りてから好みのデザインやレイアウトでスライディングウォールを設置したい」という方もいるかもしれません。スライディングウォールを新たに設置する場合は、天井にレールを取り付ける工事が必要になります。
オフィスの工事内容(レイアウトやスライディングウォールの設置の仕方)が既に固まっている場合は、その工事内容に合った物件を不動産会社に紹介してもらうのがベストです。

スライディングウォールを設置するメリット

スライディングウォールを設置することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。続いて、主なメリットをご紹介します。

開放感のある室内空間を作れる

壁で仕切られている部屋はある程度圧迫感があるので、ときには窮屈に感じられることもあるでしょう。また、壁の場合光が遮られるので採光による開放感は期待できません。スライディングウォールは可動式間仕切りなので、いつでも仕切りをなくして開放的な空間を作ることができます。さらに、ガラスや格子を使ったスライディングウォールを使えば採光を取り入れることも可能です。

個室空間とプライバシーを確保できる

広いオフィスにスライディングウォールを設置することで、用途に合わせてさまざまな空間を作ることができます。例えば、少人数で会議をしたいとき、顧客や取引先の人を迎えて打ち合わせをしたいときなどに壁を動かすだけで、容易に空間を仕切れるからです。オフィスを大人数で使いたいときやいつもの開放的な空間に戻したいときは、壁を移動させれば済みます。
仕切りを作るというのはプライバシーも同時に確保できるということですから、仕切りのないオフィスではスライディングウォールの設置が有効です。スライディングウォールがあることで簡易の応接室や会議室をいつでも自由に作れるので、周囲の視線を気にすることなく会議や打ち合わせに集中できます。

オシャレな空間を演出できる

スライディングウォールは機能面だけでなく、デザイン面でもメリットが少なくありません。事業者のなかには「素材や色にこだわって空間を作りたい」「オフィスを訪れた人がハッとするようなおしゃれな空間を演出したい」という方も多いのではないでしょうか。
例えば、オフィス全体をウッド調で温かみのあるデザインにする場合、木製のスライディングウォールを設置することで統一感のある空間を演出できます。また、同じ木製のものでも格子状のスライディングウォールであれば、採光性の高いオシャレなオフィスになるでしょう。
スライディングウォールの種類はさまざまですから、オフィスのレイアウトや素材を考えて取り入れることでデザイン性の高い空間を実現できます。

音を遮断することができる

ビジネスにおいては、機密性の高い商談が必要になることが少なくありません。このような商談では「周囲に声が聞かれないこと」が最も重要ですが、仕切りがないオフィスでは声が容易に漏れてしまいます。個室がないと、オフィス以外の場所に移動して商談しなければならないこともあるでしょう。
スライディングウォールを設置すれば単に個室を作れるだけでなく、周囲に声が漏れない空間を作ることも可能です。音漏れを気にせず機密性の高い商談や会議をしたいときは、遮音性に優れたスライディンングウォールを選択することをおすすめします。

ワークスペースと休憩スペースを分けられる

広いオフィスの場合はワークスペースと休憩スペースが曖昧なことも多いので、スライディングウォールの設置によってワークスペースと休憩スペースをしっかり分けることができます。そのため、オンとオフのメリハリをしっかりとつけることが可能です。

スライディングウォールの種類と素材

スライディングウォールの特徴を種類・素材別にご紹介します。

スライディングウォールの種類

スライディングウォールは、目的に応じていくつかの種類に分類することが可能です。ここでは、主な種類を4つご紹介します。

一般タイプ

一般的なスライディングウォールは、低コスト・操作性が両立したタイプです。軽量なので動かしやすく、オフィスや会議室はもちろん、病院・学校・ホテル・レストランなどさまざまな場所で活用されています。価格は1スパン75,000円~90,000円程度でお手頃価格です。

遮音タイプ

遮音タイプはパネルの素材に亜鉛鋼鈑やゴムシートなどが使われており、一般タイプのスライディングウォールよりも高い遮音性があるのが特徴です。内側から音が漏れないだけでなく、外側からも音が入りにくいという効果があります。遮音タイプのスライディングウォールはプライバシーや機密性をしっかり確保したいときにおすすめです。価格は1スパン230,000円~300,000円程度になります。

ランニングタイプ

遮音タイプよりも、さらに高い遮音性能を持っているのがランニングタイプです。最大90cmの極太のパネルによって、内外からの音をしっかりシャットアウト。ランニングタイプは大人数かつマイクを使用するシーンに最適で、ホテル・宴会場・結婚式場・コンベンションホールなどでおすすめです。価格は1スパン270,000円程度になります。

展示タイプ

展示会場で、手軽に仕切りを作りたいときに最適なタイプです。移動も非常に楽なので、展示会場の雰囲気や世界観に合わせて自由にレイアウトできます。また、来場者の動線づくりにも使えるので便利。美術館や博物館での展示、個展で絵画を展示する場合などに向いています。価格も手頃で、1スパン80,000円~90,000円程度です。

スライディングウォールの素材

スライディングウォールに用いられる素材もさまざまであり、用途やコスト、印象などが異なります。

アルミ製

アルミ製は軽量かつ低コスト、施工もスピーディーに行えるのが特徴です。また、パネルのバリエーションが多いのでデザイン面で自由度が高いのもポイントとなっています。どちらかというとカジュアルなオフィスに向いているでしょう。ちなみに、遮音性はほとんどありません。

スチール製

スチール製はフラットかつすっきりした印象があり、高級感を重視したいオフィスに向いています。石膏ボート内蔵型なので、アルミ製よりも遮音性・防火性に優れているのが特徴です。アルミよりも重量があるため、移動・設置・解体が難しくコストはやや高めとなります。

ガラス製

デザイン性や開放感を重視したいオフィスでは、ガラス製が人気です。全面ガラス張りのウォールは非常にオシャレで、高級感のある空間を作ることができます。壁が透明なので採光性も高いです。ガラス製のスライディングウォールは工事が難しく、コストが非常に高くなります。

木製

木製はぬくもり、温かさ、落ち着きが感じられるのが特徴です。天然素材が使われた木製ウォールはオフィスに独特の高級感を醸し出します。オフィス全体がウッド基調である場合は、木製のスライディングウォールがマッチするでしょう。

今回のまとめ

オフィス内で自由に仕切りを作りたいとき、オフィスを開放的なデザインにしたいときはスライディングウォールの設置が有効です。また、スライディングウォールによってオフィス内をオシャレに演出することもできます。
スライディングウォール付きのオフィスを実現したい場合は、不動産会社(賃貸仲介業者)に条件に合った物件を探してもらう方法があります。スライディングウォールの設置やレイアウトも含めて自社ですべてオフィスのデザインをしたい場合でも、不動産会社なら施工内容に適した物件の提案も可能です。
スライディングウォール付きのオフィスを借りたいとき、また作りたいときは一度不動産会社に相談してみることをおすすめします。
名古屋に本社を構えるオフィッコスは、オフィスや店舗などの賃貸仲介を専門に扱っている企業でございます。2012年の設立以来、多くのお客様からご利用いただき、ご希望に沿える物件をご案内できるよう、日々情報収集に努めております。常時50,000件以上の物件情報を有しており、ホームページに掲載していない情報も多数ございますので、オフィス・店舗の開設や移転を検討されている事業者さまは、まずは一度お気軽にお問い合わせください。