名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2022.01.11

海外のオフィス・事務所向け超高層ビルを紹介!【ドバイ編】


中東屈指の大都市で、近年は超高層ビルや巨大ショッピングモールの建設が進み、世界有数の観光地としても知られるドバイ。この記事では、世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の他に、「アルマスタワー」や「エミレーツ・オフィス・タワー」と呼ばれる超高層ビルの概要とオフィスや事務所の賃貸情報を紹介します。

【目次】
1.「ブルジュ・ハリファ」の概要とオフィス・事務所の賃貸情報
2.「アルマスタワー」の概要とオフィス・事務所の賃貸情報
3.「エミレーツ・オフィス・タワー」の概要とオフィス・事務所の賃貸情報
4.今回のまとめ

「ブルジュ・ハリファ」の概要とオフィス・事務所の賃貸情報

ブルジュ・ハリファはアラブ首長国連邦のドバイにある世界一高い超高層ビルです。地上163階建てで最頂部までの高さは828m。ドバイのビジネス街近くのシェイク・ザーイド・ロードのダウンタウン・ドバイに位置します。建物の着工は2004年で、6年後の2010年にようやく開業しました。
この世界一高い超高層ビルには、オフィスの他にアルマーニ・ホテル・住居施設・レストランや展望台があります。そのうち、111~121階と125~135階、そして139~154階がオフィスフロアです。この建物はセキュリティを重視していることで有名です。現在(2021年10月)、この建物には複数の空室物件があります。
例えば1,055㎡のオフィスがありますが、この物件は年間家賃が2,555,100 AEDとの情報があります。日本円では約78,947,454円です。オフィスに関する詳細はそれ以上公開されていません。海外の物件ですので、海外の不動産会社の英語での情報がほとんどです。

「アルマスタワー」の概要とオフィス・事務所の賃貸情報

アルマスタワーは、ドバイの人口新都市、ジュメイラ・レイク・タワーズの中央地区にある地上74階建ての超高層ビルです。建物の高さは363mあり、2009年に開業しました。アルマスはアラビア語でダイヤモンドの意味ですので、ダイヤモンドタワーとも呼ばれます。
この建物はドバイで5番目に高い建物で、ジュメイラ・レイク・タワーズ中央地区のランドマーク的な建物となっています。設計工事は日本の大成建設が行いました。この建物に入居する主な企業はドバイのダイヤモンド取引所で、その他、貴金属や宝石業者が多く入居しています。アルマスタワーには、現在(2021年10月)複数のオフィス空室物件があります。空室オフィスは、高級な家具がそろった家具付き物件がほとんどです。賃料や年間25,000AEDや1,400,000AEDなどさまざまです。物件によっては、月額での賃料の支払いも可能です。

「エミレーツ・オフィス・タワー」の概要とオフィス・事務所の賃貸情報

エミレーツ・オフィス・タワーはドバイのシェイク・ザーイド・ロードに位置する超高層ビルで、1999年に完成しました。高さは354.6mで54階建ての高層ビルです。この建物の隣には「ジュメイラ・エミレーツ・タワーズ・ホテル」があります。このホテルは「タワー2」と呼ばれ、これらの2つの高層ビルをまとめて、「エミレーツ・タワーズ」と呼びます。エミレーツ・オフィス・タワーはエミレーツ航空が所有しています。
この建物には現在(2021年10月)、数件の空室物件があります。全ての物件の面積は19㎡で、5人以下に最適な小規模の物件です。革製の家具付きで非常に高級感があります。空室物件の賃料は年間108,000~114,000 AEDで日本円では3,339,143~3,524,651円。ITサポートシステムや受付サービスが含まれている点が魅力です。小規模の物件ですが、ドバイの高層ビルで家具付きという点を考慮すると、悪くはありません。

今回のまとめ

2000年前後から急成長を始め、現在は数多くの超高層ビルが立ち並ぶドバイ。今回紹介したドバイのオフィスや事務所の物件は、日本の不動産サイトでは探すことが難しく、多くの場合英語のサイトで探すことになります。賃料は年間で記載されている点や、高級家具付きの物件が多い点は日本と異なり興味深いです。