名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.25

愛知県の貸店舗・テナントに関する助成金・補助金【津島市】


津島神社の門前町として栄えてきた津島市は、濃尾平野の西部に位置しています。日本三大川祭りのひとつである「尾張津島天王祭」や、国の重要文化財に指定されている「堀田家住宅」など、歴史を感じるスポットが数多く残っている地域です。天王祭の会場の一つである天王川公園は、四季を通じて自然を楽しめることから、市民憩いの場として親しまれています。
そんな津島市における、貸店舗・テナントの助成金・補助金制度はどのようになっているのでしょうか。

【目次】
1.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
2.津島市の特徴
3.津島市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの事業者が申請した助成金・補助金制度に、「雇用調整助成金」があります。雇用調整助成金の制度自体は、以前からあったのですが、コロナウイルスの影響により内容が大幅に拡充され、手続きも簡素化されています。この助成金は、企業側の都合で従業員を休業させ、雇用維持を図るために休業手当を支払った場合などに申請可能です。また、教育訓練や出向を行った場合も、同様に対象となります。
ただし、申請には要件があるため、厚生労働省が作成しているガイドブックで確認するほか、労働局やハローワークへ問い合わせるなどして、自社に該当する要件があるかどうかを確かめるようにしましょう。

津島市の特徴

津島市は、愛知県の西尾張地区にある自治体で、昭和22年に県内で9番目の市として誕生しました。長い歴史と文化が大切に受け継がれている町で、数多くの文化財や古い町並みなどが歴史を今に伝えています。津島市の特産品としては、「くつわ」や「あかだ」などのお菓子や、なまずの蒲焼・モロコの押し寿司など地域独特の料理、900年以上の歴史を持つ太鼓などがあげられます。
津島市には、総合ショッピングセンターを展開する株式会社義津屋の本社があり、義津屋は愛知・岐阜・三重にスーパー「ヨシヅヤ」および「Yストア」を計28店舗出店しています。そのうち、津島市内には3店舗あり、津島本店と津島北テラスには多くのテナントが入居しています。津島本店には、飲食店や服飾、ゲームセンターなど幅広いテナントがあるほか、映画館のTOHOシネマズも併設されています。ヨシヅヤ以外では、市内に飲食店が数多く見られ、特に西尾張中央道沿いや県道68号線沿い、国道155号線沿いの立地が主流です。

津島市で申請可能な貸店舗・テナントに関する助成金・補助金

津島市独自で行っている、貸店舗やテナント向けの助成金制度は、確認できませんでした。国が行っている「小規模事業者持続化補助金」に関して、津島商工会議所にも問い合わせが増えているため、商工会議所の会員限定で、パソコンからWEBセミナーが視聴できるようになっています。自店舗が申請要件に該当するのか、申請に必要な書類は何なのかなど、事前にきちんと精査したうえで、手続きを行いましょう。

今回のまとめ

津島市で、テナントや貸店舗の出店を検討されている企業・経営者の方がいらっしゃいましたら、ぜひオフィッコスまでお問い合わせください。名古屋に本社を構えるオフィッコスでは、貸店舗やテナントの仲介を行っております。津島の地元情報もしっかり把握しておりますので、お気軽にご相談ください。