名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.17

ユニークな福利厚生制度「フロンティアの女子会手当・男祭手当 」

福利厚生は、従業員が安心して労働や生活ができるサポートの役割を果たしています。近年、手厚い福利厚生だけでなく他の会社とは異なる、ユニークな福利厚生を支給する会社が増えてきています。営業支援サービスやマーケティングサービス事業を行っている「フロンティア株式会社」もその1つです。フロンティアの「女子会手当・男祭手当」というユニークな福利厚生がどんな制度かを見ていきましょう。

【目次】
1.「福利厚生制度」の種類や対象者
2.ユニークな福利厚生制度を設けるフロンティアとは?
3.ユニークな福利厚生制度「女子会手当・男祭手当」とは?
4.今回のまとめ

「福利厚生制度」の種類や対象者

「福利厚生制度」は、会社が賃金や給料以外に従業員に支給する非金銭報酬のことを言います。従業員だけでなくその家族も恩恵を得られるのが一般的です。福利厚生制度の対象者は正規採用社員だけではありません。法律により現在は契約社員や派遣社員・パートタイマーも対象となります。
福利厚生には「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2種類あります。法定福利厚生は、健康保険や厚生年金保険などの社会保険関連で、法律で会社が費用を負担して支給することが義務付けられています。もう1つの法定外福利厚生は、会社が独自に支給している制度です。交通費や健康診断・出産休暇などを支給している事業者が多いですが、近年ではユニークな法定外福利厚生を支給している会社も非常に多くなっています。会社は魅力的な福利厚生を支給することで、優秀な人材を獲得し定着させるという大きいメリットを得ることができます。

ユニークな福利厚生制度を設けるフロンティアとは?

「フロンティア株式会社」は営業支援サービスやマーケティングサービス・異業種交流会の企画や運営を行っている会社です。本社を東京都渋谷区に置き、2009年に設立されました。取引先は中小企業やベンチャー企業など20,000社以上。フロンティアは開拓者として全ての人に未来を切り開くことを目標に、日々挑戦しています。
企業理念は「常にFRONTIERであれ」。データに加えて人脈で形成された新たなプラットフォームを作ることがこの会社の使命だと代表は語ります。フロンティアの社員は20代と30代の若手が中心です。社員は「結果をしっかり評価してくれる」「会社全体が新しいことに挑戦しようという意識が高い」「部署隔たりなく全員で協力しあえる」といった点がフロンティアの魅力だと語ります。

ユニークな福利厚生制度「女子会手当・男祭手当」とは?

「フロンティア株式会社」が設けているさまざまな福利厚生制度の1つに「女子会手当・男祭手当」があります。これは、女子社員や男性社員の集まりを会社が支援する制度です。この制度は、社員同士のコミュニケーションの活性化が目的で導入されました。カフェやレストラン・飲み会や遠足など、活動費の使い道が自由な点が魅力です。女子会や男祭は仕事の話だけでなくプライベートの話などでも盛り上がるそうですが、社員同士の結束が高まるという面でも効果的だと言えます。
また、フロンティアには上司や部下チームでコミュニケーションを図るための諸経費を会社が一部支給する「コミュニケーション手当」もあります。その他に社員旅行や大忘年会もあり、社員同士のコミュニケーションの活性化に力を入れていることが分かります。女性は提携しているネイルサロンで無料でネイルをしてもらえる「ネイル手当」を利用できるのも嬉しいです。フロンティアでは女子会や男祭手当だけでなく、このように社員が実際に利用できる魅力的な福利厚生が充実しています。

今回のまとめ

「フロンティア株式会社」は20代・30代の社員が中心のエネルギッシュな会社です。フロンティアの福利厚生「女子会手当・男祭手当」は、社員同士のコミュニケーションの活性化を図るために導入されました。会社外での社員同士の活動費を支援してもらえるのは、どんな社員にとっても嬉しいことです。フロンティアは、その他にもさまざまな制度やイベントで社員同士のコミュニケーションの活性化を図っています。社員同士がよい人間関係を築くことや、社員の会社に対する満足度を高めることが、生産性向上にもつながっていることは確かでしょう。