名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.11

オフィスで活用したいサービス「えらべる倶楽部」とは?

企業の福利厚生にはさまざまな種類がありますが、そのなかでも旅行やレジャー施設の優待利用は人気のサービスの1つです。一生懸命働いている従業員に福利厚生で報いるため、福利厚生代行サービスを導入してはいかがでしょうか。福利厚生代行サービスなら、導入や運営のコストを抑えられますし、中小企業でも大企業並みのメニューを揃えられます。旅行やレジャー施設利用のサービスを充実させたい事業所向けに、大手旅行代理店JTBグループから誕生した「えらべる倶楽部」を紹介しましょう。

【目次】
1.旅行やレジャーのプランに強み
2.事業所に合わせて自由に設計が可能
3.余暇の充実は働くモチベーションに
4.今回のまとめ

旅行やレジャーのプランに強み

「えらべる倶楽部」は大手旅行代理店JTBのグループ企業、JTBベネフィットが運営しています。もちろん、旅行やレジャー施設の優待サービスが充実しているのが最大のアピールポイントです。全国各地のレジャー施設やスポーツクラブなどを利用して、従業員に余暇を満喫してもらいたいと考えている事業所にピッタリのサービスです。もちろん、旅行はJTBが企画したツアーを優待価格で利用できますし、旅行・レジャー以外の育児・介護、健康づくり、自己啓発といったサービスも充実しています。
2021年8月30日、JTBはJTBベネフィットを、同じ福利厚生サービスのベネフィット・ワンに売却することを発表しましたが、当面、「えらべる倶楽部」は現在の名称のままサービスを継続する予定です。また、事業譲渡を機にJTBとベネフィット・ワンは事業提携することになっていて、現在の旅行・レジャー関連サービスでの強みを生かしたまま、さらなる内容の充実を図るとみられます。

事業所に合わせて自由に設計が可能

えらべる倶楽部の利用は年間契約で、契約事業所は従業員の人数分の月額会費を支払います。基本的には、国内外の旅行やレジャー施設利用への補助がメーンのサービスで、それに育児・介護、グルメ、自己啓発などのサービスをニーズに合わせて追加していきます。
育児・介護サービスでは、えらべる倶楽部と提携しているベビーシッターや保育施設を利用する際に補助が受けられ、介護保険の支給限度額をやむを得ず超えてサービスを利用した場合も補助金が支給されるプランもあります。
事業所ごとに自由にプランを設計できるのが特徴ですが、従業員100人未満の事業者を想定して人気のサービスをまとめたお得なパッケージプランもあります。

余暇の充実は働くモチベーションに

ワークライフバランスの重要性が指摘されるなか、福利厚生の充実は従業員のモチベーションの維持や、優秀な人材の確保に欠かせない重要なポイントとなってきました。新卒者や転職者の間でも、福利厚生を重視する傾向がみられます。複利厚生といえば、健康増進のためのスポーツ施設利用やリフレッシュのための趣味の活動の支援といったものがありますが、中でも人気の高いのが、家族や友人との旅行のサポートです。その点、JTBとのつながりが強い「えらべる倶楽部」なら、従業員に満足してもらえる旅行やレジャーのプランを用意できるでしょう。もちろん、旅行・レジャー以外の育児・介護、生活支援、自己啓発といったメニューも充実しています。事業所の規模や予算に合わせて自由に制度を設計できるので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

今回のまとめ

福利厚生の目的は、従業員の健康増進や心身のリフレッシュですが、それによって従業員は意欲を持って能力を発揮できるようになります。事業の経営や運営にとっても、複利厚生の充実はメリットがあります。
福利厚生は、いわば経営者の思いの表れ。その事業所が何を大切にしているのかがわかります。複利厚生代行サービスを上手に利用しながら、従業員の満足度を高めていきましょう。