名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.11.09

オフィス・事務所内に自動販売機を置く方法とメリット

新型コロナウィルスの感染対策や福利厚生の充実のために、オフィス・事務所内に自動販売機を導入したいという企業が増えています。自動販売機は飲料だけでなく、お菓子、パンなど食品の自動販売機もあり、多種多様です。社員のニーズに合ったものを導入すれば、会社にも多くのメリットがあるでしょう。今回は、オフィス・事務所内に自動販売機が必要な理由から、自動販売機を置くメリットと導入方法をご紹介していきます。

【目次】
1.オフィス・事務所内に自動販売機が必要とされる理由
2.オフィス・事務所内に自動販売機を置くメリット
3.オフィス・事務所内に自動販売機を置く方法
4.今回のまとめ

オフィス・事務所内に自動販売機が必要とされる理由

福利厚生として、オフィスに自動販売機を設置する会社は多いでしょう。なぜオフィス・事務所内に自動販売機が必要とされているかというと、人材に定着してもらうためというのが主な理由と言えます。現代では労働人口は年々減少し、個人が企業を選ぶ時代になってきました。そのため、企業側としては福利厚生を充実させ、良い人材を定着させたいという狙いがあるのです。
加えて、コロナ渦である現在、コンビニまで食べ物や飲み物を買いに行くのではなく、社内で購入したいというニーズも高まっているでしょう。コンビニに行かなくて済むということは、移動時間の短縮にもなるため、業務効率の改善にもつながっていきます。このような理由から、オフィス・事務所内に自動販売機が必要とされているでしょう。

オフィス・事務所内に自動販売機を置くメリット

福利厚生としてオフィスに自動販売機が設置されていると、どのようなメリットがあるでしょうか。社員にとってのメリットと、会社にとってのメリットに分けて見てみましょう。

社員にとってのメリット

社員としては、オフィスに自動販売機があれば、飲み物や食べ物などをコンビニに買いに行く手間が省けます。コンビニに行けば、お昼時などは長蛇の列でストレスを感じるかもしれません。そのようなストレスを感じることなく、自動販売機で必要なものを安い福利厚生価格で買えるというのは、社員にとってはメリットです。
また、夜遅くまで残業する際にも、自動販売機は24時間いつでも稼働しているので重宝されるでしょう。自動販売機が社内にあることで、社員同士でコミュニケーションも生まれ、業務もスムーズに運ぶようになるというメリットもあります。

会社にとってのメリット

会社にとっては、福利厚生が手厚い会社としてイメージアップにつながるだけでなく、リベートと呼ばれる自動販売機の設置報酬を受け取ることができるというのも魅力でしょう。
また、災害時の備蓄になるという点も大切です。地震などの災害で交通機関が止まり、会社で一晩過ごさなくてはいけないという事態になったとしても、自動販売機があれば飲み物を確保できます。電気が通っていれば温かい飲み物を飲むこともできるかもしれません。災害時には、予備のバッテリーやワイヤーなどを使って飲み物を取り出せる自販機も増えています。物資の供給が難しくなる災害時には、自動販売機があると心強いでしょう。小型の自動販売機であれば設置するスペースもそんなに取らないので、オフィスに少し余っているスペースがあったら有効活用するつもりで設置するのもいいかもしれません。

オフィス・事務所内に自動販売機を置く方法

実際にオフィス・事務所内に自動販売機を置く場合、まずは社員のニーズを確認し、ふさわしい自動販売機を選びます。それから、導入したい自動販売機を扱っている業者のWebサイトなどから、見積もりを依賴しましょう。担当者から連絡が来たら訪問日を設定し、設置場所の確認などをしてもらいます。その後見積もりが届いたら、商品のラインナップや販売価格なども相談していきましょう。契約したら業者が設置を行い、使用できるようになります。

今回のまとめ

今回は、オフィス・事務所内に自動販売機を置く方法とメリットをご紹介しました。企業にとっても社員にとってもメリットの多い福利厚生なので、オフィスにスペースがあるなら自動販売機を設置してみるのもいいかもしれません。社員の会社への満足度がアップするでしょう。