名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.10.28

愛知県の市町村別貸店舗・テナントの家賃(坪単価)相場【長久手市】

長久手市は、瀬戸市とともに2005年日本国際博覧会「愛・地球博」の開催地として、今も注目の街。名古屋駅から地下鉄で約30分、豊田市へは東名高速道路を使用すれば30分強の位置にあることから、ベッドタウンとして重要な役割を果たしています。土地区画整理事業が功をなし、働き盛りの若い世代が多い街としても有名。商業施設と自然の両方がうまく調和した長久手市の特徴を踏まえながら、貸店舗・テナントの需要傾向と家賃相場について解説します。

【目次】
1.長久手市の基本情報と地域ごとの特色
2.長久手市における貸店舗・テナント需要の傾向は?
3.長久手市における貸店舗・テナントの家賃相場は?
4.今回のまとめ

長久手市の基本情報と地域ごとの特色

長久手市は愛知県北西部にあり、名古屋市や豊田市のベッドタウンとして人気です。人口は60,354人(令和3年9月1日現在)で、若い世代を中心に増加の一途をたどっています。その背景には、土地区画整理事業による、交通アクセスの良さと魅力的な商業施設や大学が多いことなどさまざまな要因があります。少子高齢化が進む街が多い一方で、15歳~65歳未満の生産年齢人口が全体の65%を占め、人口の平均年齢が40.5歳と若いのが特徴です。
「日本一の福祉のまち」を目指しており、幼稚園と特老ホーム、ケアハウスが一体化した複合施設を導入するなど、年代に関係なく地域のかかわりを重視する取り組みも行っています。米やキャベツなどの野菜作りはもちろんのこと、伝統野菜である「真菜」の栽培にも力を入れています。世界の車の歴史や文化を知ることができるトヨタ博物館は、年齢問わず車好きに人気。また、愛・地球博の跡地である記念公園は自然が豊富で、特にとなりのトトロのサツキとメイの家は多くの観光客が訪れています。

長久手市における貸店舗・テナント需要の傾向は?

長久手市では、「日本で一番住民の平均年齢が若いまち(2015年国税調査)」として知られる元気な街です。地価の動向を見ても2012年より上昇傾向にあります。ニューファミリー層や学生などを狙ったスーパーマーケットが豊富なのも長久手市の特徴です。
また、大東建託が行った住みここちのいい自治体1位に2年連続ランクインしているだけあり、テナント需要も高いと考えられます。ここ数年の開店・閉店状況をみてみると、郊外のファミリーレストランやイタリアンレストラン、和食店、アパレルショップなどが閉店する一方で、イオンモール内など大型ショッピングセンター内に新たなテナントがオープンする傾向が強いようです。空き店舗となった視認性の良いロードサイド物件をうまく利用すれば、ニューファミリー層などの顧客を集客するきっかけにできそうです。

長久手市における貸店舗・テナントの家賃相場は?

長久手市の貸店舗およびテナントの坪単価は約4,300円です。もっとも高いもので、坪あたり約19,000円。事務所と店舗がセットになった築10年の物件です。最寄り駅からは徒歩3分で人通りが多い通りにある好立地さが売り。室内のレイアウトが自由なのも高ポイントでしょう。家賃の相場は、面積が50㎡以下だと約8万円のテナントが多い傾向にあります。面積が30㎡弱のコンパクトなものから、1棟貸しの面積700㎡弱と広々とした物件まで多種多様です。
近隣を含む駐車場がある物件が全体の8割と多く、礼金不要のお得な物件は全体の9割にも上っています。住宅用マンションや住居用の家賃を抑えた物件も多く、なかには事業用に借りた場合でも原状回復義務なしとお得な物件もあるようです。築年数30~40年の物件が中心ですが、なかには2021年9月新築の新しい物件もあるなど、今後もさまざまな物件が期待できそうです。

今回のまとめ

他サイトで調べてみると、長久手市では現状10件の空き店舗やテナントがありました。商業施設も充実し、若い世代が多いエリアだけに、新規参入におすすめの地域だといえるでしょう。人気の物件は早く埋まってしまう可能性があるため、市場の動向を踏まえ、早めに物件リサーチをする必要がありそうです。目に見える家賃だけに固執せず、同業種のサービス展開も踏まえて、希望出店エリアとターゲット層など諸条件を詰めていくことをおすすめします。