名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.10.19

愛知県の市町村別貸店舗・テナントの家賃(坪単価)相場【一宮市】


一宮市は木曽川の周辺に市街地が発展しています。名古屋市と岐阜市に隣接し、県内でも人口が多い地域です。尾張国一宮である真清田神社のお膝元にあり、市名の由来にもなっています。一宮市で新しくビジネスを始める前に、基本情報や貸店舗・テナントの相場をチェックしましょう。

【目次】
1.一宮市の基本情報
2.一宮市の貸店舗・テナントの家賃相場
3.一宮市における貸店舗・テナントの今後の動向
4.今回のまとめ

一宮市の基本情報

一宮市は愛知県北西部に位置する都市です。名古屋市と岐阜市のほぼ中間に位置し、電車で約10分ほどで行ける距離にあります。面積は113.82平方kmで、市の北部から西部に約18kmにわたって接する木曽川の豊かな自然と、温暖な気候に恵まれています。人口は約37万人と、県内でも人口が集中する地域です。東名・名神高速道路と東海北陸自動車道の結節点であり、市内には九つのインターチェンジと一宮ジャンクションを有しています。
木曽川河川敷にある「138タワーパーク」はまちのランドマークであり、138mのアーチから構成された展望台「ツインアーチ138」が目印です。翌日の天気に合わせて、違った色でライトアップされ市民たちに親しまれています。古くから「繊維のまち」として知られ、繊維の生産から縫製まで一貫して行う産業都市として発展しました。現代でも、繊維に関連した企業が少なくありません。

一宮市周辺の貸店舗・テナントの家賃相場

一宮市の商業地域は、一宮駅や市役所付近を中心に分布しています。一宮駅付近は近代的な雰囲気がありますが、少し歩くと昔ながらのまちの雰囲気を味わえるでしょう。一宮駅の近くにある一宮本町商店街は、古くから続く老舗の個人店が商店街を支えている場所です。郊外型の大型商業施設もあり、地場産業の衰退によって活気がなくなっている地域も見られ、まちの商業を活性化させるための課題となっています。
貸店舗・テナントの平均坪単価は6000円台後半です。賃料は20万円未満の物件が多いですが、20~40万円の物件も多く見つかります。

一宮市における貸店舗・テナントの今後の動向

繊維のまちとして発展を続けてきた一宮市ですが、1970年代頃からだんだんと日本の製造業を取り巻く環境が変化します。安価な外国製の繊維製品が入ってきたため、国際的な競争力が落ち始めたのです。経営の悪化によって廃業せざるを得なくなった企業もありますが、市は平成30年に「企業立地推進課」を新設し企業の誘致に力を入れています。一宮駅周辺は観光地化に力を入れている地域です。尾張国一宮であり、パワースポットとしても知られる「真清田神社」や地元産の素材にこだわった店など、集客力が高いスポットもあります。
名古屋にも岐阜にも近い場所であることから、今後もビジネスの拠点として利用する企業や、観光客を見込んだ店舗・テナントが展開していくでしょう。過去5年間の人口の推移を見ると、少子高齢化にともないだんだんと人口が減少していますが、概ね38万人台前半をキープしています。今後も中心地の平均賃料相場に、大幅な増減はない見込みです。

今回のまとめ

一宮市は繊維のまちとして古くから発展し、紡績・染色・縫製などを一貫して行ってきたことにより、人口を伸ばしてきました。名古屋市と岐阜市の両方にアクセスが良い地域であることから、県内でもトップクラスの人口を誇っています。貸店舗・テナントの平均坪単価は6000円台後半です。市の中心地である一宮駅周辺には多くの商業施設があり、中心地から離れるにつれて賃料が安くなる傾向があります。同市は企業立地推進課を新設して積極的に企業の誘致を行っており、今後も地域に密着した企業や観光客を見込んだ店舗などが展開していくでしょう。人口が多い地域でもあり、平均賃料相場の大幅な増減はないと予想されます。