名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.10.13

名古屋市港区の賃貸オフィス市場の特徴と賃料の相場


名古屋市港区は伊勢湾に面した名古屋市の南西部に位置する区域です。名古屋市の中心部からは電車で約20分。大型ショッピング―センターの数が多い繁華街の他に、「ガーデンふ頭」や「金城ふ頭」があり、週末には観光客が多く集まります。港区の魅力や特徴だけでなく、賃貸オフィスや事務所の坪単価・家賃相場もご紹介します。

【目次】
1.名古屋市港区の特徴
2.名古屋市港区の賃貸オフィス・事務所市場
3.名古屋市港区の賃貸オフィス・事務所の移転ならオフィッコスへ
4.今回のまとめ

名古屋市港区の特徴

名古屋市港区は市の南西部に位置する、名古屋市を構成する16区の中で最も大きい区です。名古屋市では唯一伊勢湾に面した区で、さまざまな魅力を持っています。区の西部は水田が広がりのどかな風景が見られ、中央部や北部は住宅街や商業施設が多くなります。区の南部や港付近は工業地域ですが、「ガーデンふ頭」や「金城ふ頭」などもあり、名古屋市民の観光スポットとして人気です。また、区の繁華街には「ららぽーと名古屋みなとアクルス」があり、特に週末には大勢の買い物客でにぎわいます。最近では治安が良くなり、スーパーや学校の数も多いため、生活がしやすい地域と言えます。
一方で、海抜ゼロメートルの地域が広がるため、区を流れる庄内川や新川より東側は浸水しやすく、被害を受けやすい地域とも言われています。鉄道は名古屋鉄道と名古屋市営地下鉄の名港線の他、名古屋臨海高速鉄道も利用できます。名港線の名古屋港駅から栄駅までは約20分ですので、交通アクセスは悪くありません。

名古屋市港区の賃貸オフィス・事務所市場

名古屋市港区には「ダイセキ」や「日東エフシー」といった上場企業が本社を置いています。その他運送業や建設業・製造業などの企業の他、工場や倉庫もあります。
港区の賃貸オフィスや事務所の坪単価は約7,000円です。坪単価は4,000~12,000円までと幅が広くなりますが、6,000~8,000円台の物件が中心になります。家賃で見ると6万円~40万円に大きく広がりますが、10万円台が相場と言えるでしょう。オフィスや事務所の規模は30㎡以下から150㎡程度までありますが、特に50㎡前後の物件が多い傾向にあります。港区はオフィス街が広がる区域ではないため、物件数は多くはありません。港区で賃貸オフィスや事務所を探す際は、時間に余裕を持つと予算や条件にぴったりの物件を見つけやすくなります。

名古屋市港区の賃貸オフィス・事務所の移転ならオフィッコスへ

賃貸オフィスや事務所を探す時は、地域の家賃相場や坪単価の目安を知っておく必要があります。また、地域の特徴や市場を知っておくことも大切です。「オフィッコス」は愛知県名古屋市を拠点に、賃貸オフィスや事務所を専門に扱っている仲介会社です。名古屋市に15年以上にわたり賃貸オフィス事業に携わってきました。
名古屋市の賃貸オフィス市場に詳しいスタッフが、お客様の予算やご要望に合う物件をご紹介しています。「最上階の物件」や「窓が大きい物件」など細かいご希望をご相談していただくこともできます。物件に関しては全ての情報を包み隠さず説明しますので、安心してご依頼いただけます。名古屋市港区で賃貸オフィスや事務所をお探しなら、ぜひ一度「オフィッコス」へお問合せください。

今回のまとめ

名古屋市港区は名古屋市の16区の中では最も面積が大きく、港付近は工業地帯のある区域です。区には住宅地や水田もありますが、繁華街には大型ショッピングモールも多く、週末には多くの人が集まる地域でもあります。港付近にも家族連れに嬉しい観光スポットがあり、専門の小売店や飲食店を開業するにはポテンシャルが高い地域と言えそうです。港区の賃貸オフィスや事務所の坪単価は約7,000円ですが、規模や立地によっては坪4,000円から見つけることも可能です。静かな場所にオフィスを構えたい企業や、家賃を抑えたいスタートアップ企業は、この地域で物件を探してみるといいでしょう。