名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.24

スタートアップ企業向けの補助金・支援金とその手続き【愛媛県編】

愛媛県は四国地方の西部に位置し、松山市を県庁所在地とする地域です。11市・9町からなり、総人口約130万人を有しております。瀬戸内海に面するほか標高の高い山々が構え、農林水産業をはじめとする様々な産業が賑わうのが特徴です。そんな愛媛県の創業支援には、果たしてどのようなものが用意されているのでしょうか?今回は、この点を主軸にご紹介いたします。また、愛媛県の産業などにも触れております。ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
1.愛媛県の特徴
2.スタートアップ企業向けの補助金・支援金
3.愛媛県で申請可能な補助金・支援金
4.今回のまとめ

愛媛県の特徴

愛媛県は四国地方に位置し、松山市を県庁所在地とする地域です。11市・9町で構成され、総人口約130万人・総面積約5,676k㎡を占めています。瀬戸内海に面するほか、地域には西日本最高峰を誇る標高1,982mの石鎚山などの山々が見られ、自然豊かな地勢となっています。また、瀬戸内海には200余りの島々も存在し、地域の大部分は瀬戸内海式気候に該当し温暖な気候であることが特徴です。
そんな愛媛県では、農林水産業をはじめ工業や観光業が盛んに行われております。農業ではミカンやイヨカンなどの柑橘類の栽培、林業では檜や杉の生産、水産業ではタイやブリの水揚げが多くなっています。ほかにも、工業では非鉄金属・パルプ・運送用機械の製造が盛んであり、観光業では数々の名城と四国カルストなどの自然の名所が賑わいを見せております。

スタートアップ企業向けの補助金・支援金

スタートアップ企業向けの補助金・支援金とは、そもそもどういった仕組みのものなのでしょうか?スタートアップ企業向けの補助金・支援金は、企業の創業や新たな取り組みの際に受けられる支援のことです。支援は国や各自治体で行われており、地域の活性化や発展を促進するために設けられております。また、事業の補助を目的としており、受けた交付金額に関しては返済の必要はありません。
ただし、その分受けられる条件や企業数は限られたものとなるのが特徴となります。申請すれば必ず交付を受けられるというわけではないので、この点には注意が必要です。

愛媛県で申請可能な補助金・支援金

愛媛県では様々な産業が賑わっておりましたが、そんな地域にはどのような創業支援が用意されているのでしょうか?ここでは、愛媛県で受けられる創業補助金・支援金についてご紹介します。

愛媛クラウドファンディングチャレンジ応援事業費補助金

愛媛クラウドファンディングチャレンジ応援事業費補助金は、新型コロナウィルスに対応するプロジェクトでクラウドファンディングを活用する場合に、その仲介業者への手数料の一部を補助する支援事業です。県内の創業者や個人事業主を含む中小企業が対象となり、前述のプロジェクトがあるうえで創業に関する事業、商品・サービスの企画や開発、販路開拓の事業を行うことが条件となります。
なお、補助金額は最大25万円・補助率1/2の範囲までであり、各種書類の提出と審査会を経て対象者は決定されます。

えひめ中小企業応援ファンド地域密着型ビジネス創出助成事業

えひめ中小企業応援ファンド地域密着型ビジネス創出助成事業は、県内の設立後5年以内の中小企業を対象とした支援事業です。県内で培われた技術や農林水産物・文化・自然風景等の地域資源を活用し、地域課題の解決が見込める事業であることが交付の条件となります。
なお、対象経費は適切に事業を進める際に必要になるものであり、補助金額は最大150万円・補助率1/2の範囲までになります。申請にあたっては、事前相談を行うことも可能です。

今回のまとめ

愛媛県は、農林水産業をはじめ工業や観光業など多くの産業が盛んな地域でした。そして、そんな愛媛県の創業補助金には、主に愛媛クラウドファンディングチャレンジ応援事業費補助金・えひめ中小企業応援ファンド地域密着型ビジネス創出助成事業といったものが設けられていました。創業補助・支援は、県内に限らず国などでも実施されております。支援にも様々な種類がありますので、事業内容と条件が一致するものを基準にじっくりと探してみてはいかがでしょうか。