名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.12

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【知立市】

知立市は名古屋までのアクセスが良い街です。愛知県のほぼ真ん中にあるため、中部圏を拠点にビジネスを展開する事業者には、本拠地を置くメリットがいろいろあります。今回は、知立市で事業用物件を借りたいとお考えの方に向け、知立市の助成金・補助金制度を紹介します。知立市に賃貸オフィスの家賃に使える補助金などがあるのかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.知立市の特徴
2.知立市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.知立市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

知立市の特徴

知立市は愛知県の中央部に位置し、令和3年6月現在約7万2千人の人口を有します。特産品は知立市の代名詞ともなっている「大あんまき」。薄く焼き上げたやわらかい生地で餡を巻いた和菓子で、もちもちとした生地の食感と、小豆・白あん・抹茶・チーズ・カスタードといったバラエティ豊かなあんが特徴的です。また、精緻な細工が施された豪華な外観を特徴とする「三河仏壇」も重要な伝統工芸として継承されています。
観光面では、池鯉鮒大明神の異名を持つ西町の「知立神社」や最澄により建立された「萬福寺」など、国指定の重要文化財を含む名所も擁します。なお、知立市の主な産業は製造業で、中でも自動車部品や産業機械・工作機械の製造業がさかんです。日本有数の機械メーカーの本社・工場をはじめ、自動車部品製造や化学メーカー大手の工場も数多く立地します。

知立市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

知立市は、さまざまな角度から市内事業者をサポートしています。たとえば、「愛知県信用保証協会制度融資」の中の「小規模企業等振興資金」や「経済環境適応資金及び経営安定関連保証制度」を通じて融資を受けた事業者が所定の保証料を支払っていれば、その信用保証料を40%~60%補助してもらうことができます。
また、ユニークな取り組みとして注目したいのは、40歳以上の方が起業する際の雇用創出にかかる経費を補助してくれる「生涯現役起業支援助成金」です。支給・不支給を決める審査に協力することなど、要件を満たす事業者は、採用・募集に必要な費用を助成してもらうことが可能です。

知立市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

知立市商工会では、市内で事業所を借りて事業を行う事業主に対して補助金を交付する制度「新規創業事業補助金」を導入しています。知立市内の賃室で新規に創業する見込みがあることや知立市商工会に入会見込みであること、市税を滞納していないことといった一定の要件を満たせば、限度額の範囲内で改装費・家賃の50%を補助してもらえる制度です。補助金給付の対象となる改装費用には、内装・外装工事だけでなく、電気工事や水道工事も含まれます。
知立市内で事業を行うことを目的として空き店舗などを借りる際には、ぜひ自身が補助金の交付対象となるのかチェックされることをおすすめします。

今回のまとめ

大あんまきで知られる知立市は、自動車部品や化学製品といった工業系の製造業がさかんではありますが、小売り・飲食・サービス業も幅広く活況を呈している地域です。知立市でオフィスを開いて事業を行いたい方は、行政からのサポートを上手に活用して、できるだけ経費を抑えながら事業を発展させられる方策を考えましょう。
また、知立市での事業用物件探しには、東海圏の賃貸オフィスを専門的に扱う親切丁寧な仲介会社「オフィッコス」まで、ぜひお気軽にお問い合わせください。